• トップ
  • リリース
  • 楽天、アプリマーケティングツール「楽天リワードSDK」を「楽天スーパーポイントSDK」に名称変更

プレスリリース

楽天、アプリマーケティングツール「楽天リワードSDK」を「楽天スーパーポイントSDK」に名称変更

(PR TIMES) 2016年11月28日(月)14時47分配信 PR TIMES

 楽天株式会社(以下「楽天」)は、国内における「楽天リワード」の開発者向けのアプリマーケティングツール「楽天リワードSDK」の名称を「楽天スーパーポイントSDK」に変更しました。
 楽天のポイント名を入れた名称にすることで、「楽天スーパーポイント」を活用できるアプリマーケティングツールであることをより明確に訴求し、アプリ開発者などからの認知を高めるとともに、ゲームアプリサービスなどでの採用を促進します。

 「楽天リワード」は、「楽天スーパーポイント」を手軽に獲得できる、アプリに特化したサービスです。ユーザーは、「アプリを起動する」といった簡単なものから、「チュートリアルを読む」などのアプリ内で設定された「ミッション」を実行することで、ポイントを獲得できます。それぞれに得られるポイントは「ミッション」によって設定されています。

 なお、ユーザー向けサービス名称は、「楽天リワード」のままとし、開発者向けのツール名称のみ変更します。

 楽天は今後も、楽天会員が気軽に「楽天スーパーポイント」を貯められる魅力的なサービスを提供してまいります。


以 上

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る