• トップ
  • リリース
  • 諒設計アーキテクトラーニングスクールの「ピラティスセラピーアドバイザーW資格取得講座」通信講座を新規開講しました。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社新生技術開発研究所

諒設計アーキテクトラーニングスクールの「ピラティスセラピーアドバイザーW資格取得講座」通信講座を新規開講しました。

(PR TIMES) 2018年06月01日(金)15時01分配信 PR TIMES

最短2ヶ月で2資格取得できる!資格取得でスキルアップできる!

株式会社新生技術開発研究所は、諒設計アーキテクトラーニングスクールの「ピラティスセラピーアドバイザーW資格取得講座」通信講座を新規開講したことをお知らせいたします。
「ピラティスセラピーアドバイザーW資格取得講座」講座内容
ピラティスセラピーアドバイザーW資格取得講座、ピラティスセラピーアドバイザーW資格 取得スペシャル講座ではピラティスの基本原則から、体の動かし方や呼吸法、エクササイズの方法や効果、種類などピラティスに関する全てを自宅で学べる講座となっています。
初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているのでどなたでも安心して受講できる内容となっています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/14144/486/resize/d14144-486-438112-0.jpg ]

本講座は日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)主催の「ピラティスセラピーアドバイザー」(https://www.domap.net/test/pilates/)、日本インストラクター技術協会主催の「ピラティスエクササイズインストラクター」(https://www.jpinstructor.org/shikaku/pilates/)の2資格に対応しています。

ピラティスセラピーアドバイザー

[画像2: https://prtimes.jp/i/14144/486/resize/d14144-486-436328-1.jpg ]

ピラティスセラピーアドバイザーとして、ピラティスに関する知識を有していることを認定されます。心と体を同時に使って行うピラティスについて、基本原則を理解し、集中力、創造力について、体の動かし方、呼吸法、心のコントロール方法などを理解しているということの証明になります。また、睡眠、食事、姿勢など、ピラティスのエクササイズ中以外にも、日常生活で意識するべきことを理解していることも証明されます。例えば、日常生活で意識しにくい姿勢に関しても、様々な姿勢の問題点やその原因、改善方法などの知識が必要となります。資格取得後は、ピラティスセラピーアドバイザーとして自宅やカルチャースクールで講師活動をすることができます。

ピラティスエクササイズインストラクター

[画像3: https://prtimes.jp/i/14144/486/resize/d14144-486-593292-2.jpg ]

ピラティスエクササイズインストラクターとして、ピラティスエクササイズに関する基本的な知識を有していることを認定されます。ピラティスの効果について正しく理解し、屈曲、伸展や肩、手足の運動など、ピラティスに必要な基本的な動きについて理解していることの証明になります。ピラティスと呼吸の関係、筋、関節との関係を理解し、初心者向けのエクササイズから一人一人に合ったエクササイズの種類、プレピラティスの種類、ピラティスエクササイズの種類、ピラティス後のストレッチまでを理解し、実践できる人に認定される資格です。資格取得後は、ピラティスエクササイズインストラクターとして自宅やカルチャースクールで講師活動ができます。

資格協会指定のスペシャル講座も用意!
当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「ピラティスセラピーアドバイザー」「ピラティスエクササイズインストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。
[画像4: https://prtimes.jp/i/14144/486/resize/d14144-486-284435-3.jpg ]

詳細・お申し込みはこちら
https://www.designlearn.co.jp/pilates/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る