• トップ
  • リリース
  • IoT時代を見据えた「トークンリクエスタ代行サービス」について

プレスリリース

  • 記事画像1

TISインテックグループ

IoT時代を見据えた「トークンリクエスタ代行サービス」について

(PR TIMES) 2018年09月06日(木)17時01分配信 PR TIMES

TIS株式会社(代表取締役会長兼社長:桑野(くわの) 徹(とおる))と株式会社三菱UFJ銀行(取締役頭取執行役員:三毛(みけ) 兼承(かねつぐ))は、「トークンリクエスタ代行サービス」を共同で取り組みいたします。
 三菱UFJ銀行は、決済サービスをスマートフォン上で提供する「MUFG Wallet(仮称)」を2019年春のサービス開始に向け検討を進めております。「MUFG Wallet」は、万一のスマートフォンの紛失などの際でもカード番号等の流出がない様に、決済情報・カード情報をトークン化*1(暗号化)し、セキュアに格納するTISの技術を採用しております。その仕組みを両社で「トークンリクエスタ代行サービス」として、モバイル・デジタルウォレット事業者(以下、トークンリクエスタ)に展開いたします。

 「トークンリクエスタ代行サービス」は、スマートフォンのみならず、ウェアラブル端末、IoT機器などの各種デバイスに決済ID情報をトークン化してセキュアに格納するサービスです。TISのペイメントIT基盤構築・運用で培われた知見と、三菱UFJ銀行のペイメント事業に係る専門性という両社の強みを活かし、共同でサービス開発を進めてまいります。

 将来的には、様々なデバイスがインターネットに接続されたIoT社会において、決済時の安心を担保するセキュリティインフラの一端を担うことを目指してまいります。

<トークンリクエスタ代行サービスのイメージ>
[画像: https://prtimes.jp/i/11650/483/resize/d11650-483-260364-0.jpg ]


※1 トークナイゼーションとも呼ばれる、決済ID情報の番号を元に仮想の番号(トークン)に置き換える仕組みです。元の番号体系を保ったまま暗号化するため、既存のインフラをそのまま利用することができます。また、発行されるトークン単位で利用額や利用場所を限定できるため、紛失時でも、元のカードの利用停止や再発行をする必要がありません。インターネットを介した決済情報の流通により、第三者からの攻撃による情報盗難や紛失が増えたため、国際ペイメントブランドが中心となって普及に努めています。

■ トークンリクエスタ代行サービス提供の背景
 キャッシュレス化やIoTの進展により、様々な決済手段やサービスの登場が予想されます。その中で、トークンリクエスタが決済サービス事業者と接続するには多大なコストを要しており、サービス開発の障壁となっていました。

 「トークンリクエスタ代行サービス」は、既に各決済サービス業者と接続された基盤を有しており、トークンリクエスタに代わり、クレジットカード会社など決済サービス事業者に対しトークン化されたIDを要求し、各種デバイスに安全に格納するサービスです。各社は、当基盤に接続するだけで、サービスを受けることができます。
三菱UFJ銀行とTISは、今後、幅広い領域の主要プレイヤーとの提携も視野に入れ、モバイルに加えて、ウェアラブル端末、IoT家電、コネクティッドカーを提供する様々なサービス事業者への展開を予定しています。

■ 「WalletEVO」(スマートフォン向け)について
 TISでは、「トークンリクエスタ代行サービス」の「WalletEVO」を提供します。「WalletEVO」は、銀行やカード事業者などのトークンリクエスタに対して、これらの事業者が発行するスマホアプリに非接触の決済機能を組み込むことができるサービスです。これにより、スマートフォンを用いたタッチ決済を実現し、自社の各種サービスと連携したサービス展開や、顧客とのコネクション強化を実現することが可能です。また、企業ロゴなどを入れてスピーディーに利用可能な汎用アプリをご用意しています。

「WalletEVO」の特徴
1. 安心のセキュリティ
2. ビジネス展開に合わせたカスタマイズ
3. スムーズなサービス立上げ・展開

■ MUFG Walletについて
 「MUFG Wallet」は様々な決済手段をスマートフォンに登録し、キャッシュレス決済を実現するサービスです。高度なUI/UXを提供し、お客様の毎日の決済にご利用いただくと共に、社会全体のキャッシュレス化を推進してまいります。
 三菱UFJ銀行の発行するデビットカードや、QRコード決済などに対応し、将来的には実際のお財布に入っている様々なカード類をアプリ内に登録できる、利便性の高い「Wallet」サービスを目指してまいります。

■ TIS株式会社について
 TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3,000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

以上

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る