• トップ
  • リリース
  • 諒設計アーキテクトラーニングスクールの「インド料理ソムリエW資格取得講座」通信講座を新規開講しました。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社新生技術開発研究所

諒設計アーキテクトラーニングスクールの「インド料理ソムリエW資格取得講座」通信講座を新規開講しました。

(PR TIMES) 2018年04月25日(水)19時01分配信 PR TIMES

最短2ヶ月で2資格取得できる!資格取得でスキルアップできる!

株式会社新生技術開発研究所は、諒設計アーキテクトラーニングスクールの「インド料理ソムリエW資格取得講座」通信講座を新規開講したことをお知らせいたします。
「インド料理ソムリエW資格取得講座」講座内容
インド料理ソムリエW資格取得講座、インド料理ソムリエW資格取得スペシャル講座ではインド料理の基本的知識からインド料理の歴史、インド料理の食材、スパイスについて、その特徴や使い方、また家庭で実践できる様々なインド料理のレシピを一通り学べる講座となっています。初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているのでどなたでも安心して受講できる内容となっています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/14144/480/resize/d14144-480-775814-0.jpg ]



資格取得について
本講座は日本安全食料料理教会(JSFCA)主催の「インド料理ソムリエ」(https://www.asc-jp.com/test/india/)、日本インストラクター協会(JIA)主催の「インド食文化インストラクター」(https://www.jpinstructor.org/shikaku/india/)の2資格に対応しています。

インド料理ソムリエ


[画像2: https://prtimes.jp/i/14144/480/resize/d14144-480-663059-2.jpg ]

インド料理ソムリエとして、インド料理の作り方やインド料理に使われる材料の種類、インド料理の代表的なスパイスの種類などに関する知識を有していることが証明されます。例えば、インド料理に使われる米、小麦製品、豆、肉、魚介、野菜、果物、乳製品のパニール、発酵乳のダヒ、油、インド料理にあうチャツネなどのつけあわせ、菓子、飲み物のレシピやアジョワン、フェンネル、アニス、カルダモンなどのインド料理に使われるスパイスの種類や使い方に関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、インド料理ソムリエとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

インド食文化インストラクター

[画像3: https://prtimes.jp/i/14144/480/resize/d14144-480-793879-3.jpg ]

インド食文化インストラクターとして、インド料理の成り立ち、インドの食文化、地域によるインド料理の違い、世界や日本におけるインド料理に関する知識を有していることが証明されます。例えば、インド料理の歴史的背景、ヒンズー教とイスラム教の食事、シーク教など少数派の宗教の食事、ポルトガルとインド料理の関係性、インドの食事作法、菜食と非菜食、アーユルヴェーダと食事の関係、インドの定食、インドの弁当、北インド料理・南インド料理・ゴア料理・ベンガル料理の違い、イギリスやアジアで発展しているインド料理に関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、インド食文化インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

試験免除で資格が取れる!
当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「インド料理ソムリエ」「インド食文化インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。
[画像4: https://prtimes.jp/i/14144/480/resize/d14144-480-689697-1.jpg ]



本講座で取得可能な「インド料理ソムリエ」「インド食文化インストラクター」の2資格は講師資格です。資格取得後は副業として自宅やカルチャースクールで料理教室などを開く事が出来ます。

詳細・お申し込みはこちら
https://www.designlearn.co.jp/india/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る