• トップ
  • リリース
  • SIGNATE、日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」の開発・利用促進を行うアライアンス「xData Alliance」に参画

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社オプトホールディング

SIGNATE、日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」の開発・利用促進を行うアライアンス「xData Alliance」に参画

(PR TIMES) 2018年07月31日(火)19時01分配信 PR TIMES

〜宇宙データ利活用促進事業において競争促進・人材育成領域、データ利活用促進領域を担う〜


AI開発・データサイエンティスト人材採用・育成サービスを提供する株式会社SIGNATE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齊藤 秀)は、日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」の開発・利用促進を行うアライアンスとして2018年7月31日に発足する「xData Alliance(クロスデータアライアンス)」に参画します。

xData Allianceは、Tellusの開発と利用促進を目的として組成され、宇宙関連産業を含めた21の事業者・研究機関・団体で開始されるアライアンスです。同アライアンスにおいて当社は、当社が保有する日本最大のAI技術者会員基盤上にて衛星データ活用AIコンペティションを開催し、有用なAIモジュールの開発および優秀な人材発掘を目指します。加えて、衛星データの利活用を促進するAI技術者の育成活動を行うことで、本事業における競争促進・人材育成領域を主として担当いたします。また、コンペティションを通じた、AIモジュールの流通促進、非宇宙データとの掛け合わせ等の事例創出を行い、アライアンスメンバーと連携することで、データ利活用促進領域においても活動を推進いたします。

■xData Allianceでの当社の役割
競争促進・人材育成領域
・ AI技術者育成セミナーの開催
・ 衛星データおよび非宇宙データの利活用を目的としたAIコンペティションの開催

データ利活用促進領域
・ コンペティションの成果物AIの流通促進
・ 非宇宙データとの掛け合わせ事例創出

■Tellusの概要Tellusは、さくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)が経済産業省の「平成30年度政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備事業」に係る委託先として構築・運用に取り組む、大規模なストレージと分析・解析などに必要なコンピューティングを有したプラットフォームです。

・ウェブサイト: https://www.tellusxdp.com

・「Tellus」ロゴ
[画像1: https://prtimes.jp/i/14848/479/resize/d14848-479-248843-0.jpg ]

・「xData Alliance」ロゴ

[画像2: https://prtimes.jp/i/14848/479/resize/d14848-479-838558-1.jpg ]


■SIGNATEの概要
[画像3: https://prtimes.jp/i/14848/479/resize/d14848-479-755065-2.jpg ]

社 名 : 株式会社SIGNATE(SIGNATE Inc.)
本 社 : 東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
資本金 : 2億80百万円(2018年4月1日時点)
代表者 : 代表取締役社長CEO/CDO 齊藤秀
URL  : https://signate.co.jp

以上

■オプトホールディング概要
社 名 : 株式会社オプトホールディング
資本金 : 78億35百万円(2017年12月末現在)
代表者 : 代表取締役社長グループCEO 鉢嶺登
上場区分: 東証一部(証券コード2389)
URL  : https://www.optholding.co.jp

■Press Releaseに関するお問い合わせ
株式会社SIGNATE 広報担当 糸賀
TEL:03-5745-3520
E-mail:info@signate.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る