• トップ
  • リリース
  • 紙カップ等の製品を扱う株式会社日本デキシー、東京九州フェリーを活用した海上輸送の取り組みを開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

SHKライングループ

紙カップ等の製品を扱う株式会社日本デキシー、東京九州フェリーを活用した海上輸送の取り組みを開始

(PR TIMES) 2024年06月21日(金)13時45分配信 PR TIMES

ファストフード店やコンビニ、カップ麺等の紙カップ・紙製品を製造する株式会社日本デキシーでは、関東⇒九州間の輸送の一部を海上輸送へ切り替え、2024年問題とCO2排出量削減に取り組んでいます。
株式会社日本デキシーと東京九州フェリー株式会社では、
東京九州フェリー株式会社と同じSHKライングループのマリネックス株式会社を通し、
栃木県真岡市の工場から九州までの輸送を、一部フェリーを活用した海上輸送へ切り替えました。
[画像1: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/76572/478/76572-478-3c036fdc0ca45021f44e32f042acf581-3741x1000.jpg ]

[画像2: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/76572/478/76572-478-de9433d4c74fa7b498d46428d76028b4-1500x1742.jpg ]


従来まではトラックによる陸送だったところ、横須賀発新門司行のフェリー(海上輸送)の活用を開始。
労働時間削減による省力化・2024年問題へのアプローチと、CO2排出量削減という、
2つの社会問題の解決に貢献しています。
[画像3: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/76572/478/76572-478-e403b4759bb91d0b496dd8736084c571-2000x1443.jpg ]


フェリーを利用した海上輸送による労働力の省力化イメージ


[画像4: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/76572/478/76572-478-8200cbe2109275c85b58a57e2a259105-1280x400.png ]

フェリーにトレーラー(シャーシ・荷物部分)のみを積載することによる省力化、労務問題の解決等を行っております。

船舶とトラック輸送における輸送量当たりの二酸化炭素の排出量


[画像5: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/76572/478/76572-478-e5c43952c876adfa4d5f2ffc2875aa4d-1280x400.png ]

トラックによる陸上輸送に比べ、船舶による海上輸送は、二酸化炭素の排出量が約1/5となるため、
長距離間を一部海上輸送にシフトすることにより、大きく二酸化炭素の排出量削減につながります。


本年からスタートした取り組みですが、順調に実績を重ねております。
両社では、今後もさらなる環境負荷の低減、労務問題の解決により、
持続可能な社会へ向けて取り組んでまいります。



プレスリリース提供:PR TIMES

このページの先頭へ戻る