• トップ
  • リリース
  • 「みなさん作る気満々ですね!」 レシピ本『いとしの自家製』発売記念、人気料理家・山脇りこさんトーク&試食会イベント

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

「みなさん作る気満々ですね!」 レシピ本『いとしの自家製』発売記念、人気料理家・山脇りこさんトーク&試食会イベント

(PR TIMES) 2017年04月14日(金)19時52分配信 PR TIMES


[画像1: https://prtimes.jp/i/11710/477/resize/d11710-477-353856-2.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/11710/477/resize/d11710-477-439267-9.jpg ]

昨日4月13日、二子玉川 蔦屋家電にて「山脇りこのトークイベント〜自家製で元気においしく〜」が開催されました。
同イベントは、「一週間のつくりおき」で大人気、“予約のとれない料理教室”リコズキッチン主宰・山脇りこさん最新刊『いとしの自家製 手がおいしくするもの。』(ぴあ)の発売を記念したもの(https://goo.gl/tMP6xh)。イベントでは、限定40名の参加者に、著者お手製のおにぎりの具2種類といちごジャムが振る舞われました。


[画像3: https://prtimes.jp/i/11710/477/resize/d11710-477-628081-5.jpg ]


トークの聞き手は『いとしの自家製』や『東京最高のレストラン』(ぴあ)など、グルメ系の著書を数多く担当している大木淳夫編集長です。イベント冒頭、大木編集長はりこさんを「シンプルに作ってそれでも美味しくする。今の時代求められてる大事な料理家さんです」と紹介。本書に掲載されている自家製レシピにも挑戦しており、「やってるうちにだんだん興味が沸いてくる。めんつゆを作ったんですが、自分で作るとほんとに簡単でおいしい」と、男性でもラクラク作れるレシピが満載です。



本書について「この本は1年中楽しめるようになっているので、1年中使う調味料などはオススメ。『あ、ないな』と思ったら買いに行くより早いんです」と説明したりこさん。『いとしの自家製』にはマヨネーズ3種、トマトケチャップなどの作り方が掲載されており、中でもオススメはコチュジャンとのこと。「赤坂にある韓国料理店のお母さんに教えてもらったんですが、韓国の材料だったので、私なりにオール日本の食材で作ってみました。すごく簡単なのでぜひ作ってみてください」と言うと、さっそく参加者のみなさんコチュジャンのページをチェック開いていました。


[画像4: https://prtimes.jp/i/11710/477/resize/d11710-477-519257-14.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/11710/477/resize/d11710-477-538295-1.jpg ]

イベントで振る舞われたおにぎりの具は、のりの佃煮と、味噌とくるみのあえもの。のりの佃煮は実際に作ってみた大木編集長も「本当に簡単にできた!」と絶賛の一品です。味噌ももちろんりこさんの手作り。1年前に作ったものとのことですが、「作ったことがないという人はまず本にも載っている『48時間味噌』を試しに作ってみて下さい。1回やるとメカニズムがわかるんです」などのアドバイスに、みなさん真剣に耳を傾けます。


[画像6: https://prtimes.jp/i/11710/477/resize/d11710-477-649879-8.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/11710/477/resize/d11710-477-340094-7.jpg ]

また、「つくりおき」でも有名なりこさんだけに、忙しいとき、ひき肉を使った料理アレンジで「綱渡りした」という話にもみな興味津々。途中、旦那さまの“白ごはん事件”エピソードが披露されると笑いが起きる一幕も。りこさんのお茶目で楽しいトークをみなさん終始笑顔で聞き入っていました。

最後に「質問ありますか?」と尋ねたところ、参加者から次から次へと質問が。材料が手に入らないときに代わりになる食材、気になる自家製の賞味期限、調理器具について、さらには築地で新鮮な魚を手に入れる方法まで丁寧に回答。「質問ないかと思ってた(笑)」というりこさんは「みなさん作る気満々ですね!」と、とてもうれしそうな様子でした。


[画像8: https://prtimes.jp/i/11710/477/resize/d11710-477-956273-15.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/11710/477/resize/d11710-477-334927-16.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/11710/477/resize/d11710-477-255395-17.jpg ]



イベントで紹介された料理のレシピは『いとしの自家製 手がおいしくするもの。』に掲載。本書でりこさんは「想像していたよりずっとカンタンで楽しくって、早くやってみればよかった、と思うかもしれません」とコメントを寄せています。思いのほか簡単で楽しく、心が豊かになる感じがして、ストレス解消にもなります。ぜひお試しください♪
『いとしの自家製 手がおいしくするもの。』(ぴあ)詳細 
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000436.000011710.html

AmazonURL https://goo.gl/tMP6xh

また大人気のレシピ本『一週間のつくりおき』(ぴあ)の厳選レシピ版『一週間のつくりおきBOOK ―週末のつくりおきがさまざまな料理に変身』(ぴあMOOK)も新たに発売。コンビニでも販売されています(一部店舗を除く)。『いとしの自家製 手がおいしくするもの。』のレシピも一部掲載されているというスペシャルなおまけ付きです!
Amazon URL:https://goo.gl/yYYAEG

[画像11: https://prtimes.jp/i/11710/477/resize/d11710-477-257805-10.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/11710/477/resize/d11710-477-497289-11.jpg ]

[画像13: https://prtimes.jp/i/11710/477/resize/d11710-477-347182-12.jpg ]


[表: https://prtimes.jp/data/corp/11710/table/477_1.jpg ]


[画像14: https://prtimes.jp/i/11710/477/resize/d11710-477-942730-4.jpg ]

山脇りこプロフィール
料理家。東京・代官山で料理教室『リコズキッチン』を主宰。旬の自家製のクラスやだしの教室も人気。長崎の旅館で生まれ、四季折々のしつらえと食材、美しい花、器に囲まれて育つ。なんでもつくる家だったことから自家製マニアに。旅好きで、世界&日本各地の市場や生産者を訪ねて、土地に根ざした味を探すことをライフワークにしている。油、味噌、酢などの蔵をまわる調味料マニアでもある。著書は『一週間のつくりおき』(ぴあ)、『明日から、料理上手』(小学館)、『もてなしごはんのネタ帖』(講談社)など多数。
http://rikoskitchen.com


【取材、報道関係お問い合わせ】
ぴあ株式会社 メディア宣伝企画室  TEL:03-5774-5262 / FAX:03-5774-5362
担当:粟村 kaori.awamura@pia.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る