• トップ
  • リリース
  • 伝統工芸士の手による「東京くみひもカメラストラップ」を発売

プレスリリース

伝統工芸士の手による「東京くみひもカメラストラップ」を発売

(PR TIMES) 2019年05月15日(水)14時40分配信 PR TIMES

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘)は、東京都伝統工芸士が手作りした「東京くみひもカメラストラップ」を2019年5月15日より、500本限定で発売します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13943/476/resize/d13943-476-112616-0.jpg ]



■東京くみひもカメラストラップ
組紐は、古くから衣冠装束の組紐や武具甲冑の紐などに使われ、現代では和装の仕上げに結ぶ一本の帯締めへと姿を変え、常に生活と人をつなぎながら、1400年の歴史を歩んできました。
この度、東京都伝統工芸士の手により、カメラと人をつなぐ一本のカメラストラップが生まれました。手作りの温かみ、絹の美しさ、肌に馴染むやさしさ、その全てを体感してほしいという思いを込めたのが、この「東京くみひもカメラストラップ」です。
注文後、職人が一本一本手作りしますので、お届けまでに最長2ヶ月間のお時間を頂きます。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/13943/table/476_1.jpg ]


[画像2: https://prtimes.jp/i/13943/476/resize/d13943-476-688991-1.jpg ]


奈良正倉院の宝庫にも残る「斜格子一間組(ななめこうしいっけんぐみ)」と言う、由緒ある組み方を使用

■龍工房の職人
昭和38年(1963年)に日本橋で創業。それ以前から百二十余年に渡って組紐作りに取り組んできた龍工房の帯締めは、皇族をはじめ、歌舞伎界や茶道会などで愛用されています。
伝統工芸士の福田隆氏と息子の福田隆太氏は、帯締め等の伝統品だけでなく、ペンやストラップなど組紐を身近に使える商品づくりにも挑戦し、日々技術を進化させています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/13943/476/resize/d13943-476-571739-2.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/13943/476/resize/d13943-476-282217-3.jpg ]


「東京くみひもカメラストラップ」は、キヤノンマーケティングジャパン監修のもと、龍工房と株式会社アルヴォリが共同で開発した製品です。
株式会社 龍工房  東京都中央区日本橋富沢町4-11
 TEL 03-3664-2031
 URL ryukobo.jp

株式会社 アルヴォリ 神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰本町2-46-17
 TEL 045-489-3157
 URL arvr.jp

■製品画像
[画像5: https://prtimes.jp/i/13943/476/resize/d13943-476-344301-4.jpg ]



[画像6: https://prtimes.jp/i/13943/476/resize/d13943-476-486315-5.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る