• トップ
  • リリース
  • アダストリア、コーポレートブランディングを強化 谷川じゅんじ氏を迎えた体制を構築

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社アダストリア

アダストリア、コーポレートブランディングを強化 谷川じゅんじ氏を迎えた体制を構築

(PR TIMES) 2016年08月01日(月)10時40分配信 PR TIMES

株式会社アダストリア(本部:東京都千代田区丸の内1-9-2、代表取締役 会長兼最高経営責任者(CEO):福田三千男)は、今後のさらなる成長に向け、コーポレートブランディングを強化します。そして本件のクリエイティブプロデューサーとして、谷川じゅんじ氏を迎え(ジェイ・ティ・キュー株式会社代表・本社:東京都目黒区上目黒 1-16-12)コーポレートブランディングおよび各ブランドのコミュニケーション戦略の立案・推進を遂行してまいります。
[画像1: http://prtimes.jp/i/1304/472/resize/d1304-472-752288-1.jpg ]


当社は3ヶ年計画の中で、「マルチブランド戦略の深化と進化」をその一つの戦略とし、マルチブランドの強みを最大限に活かしながら成長していくことを宣言しました。また、6月1日にはCIを変更し、当社の企業文化やミッションを見直すことができました。このような中、アダストリアブランド自体の認知度・価値の向上を図ることが、マルチブランドの価値の最大化に繋がると考え、数々の実績を有する谷川氏の招聘に至りました。

今回の協働により、アダストリアの新たなCIをさらに浸透させ、企業ブランド価値の向上、認知拡大を図っていきます。

[画像2: http://prtimes.jp/i/1304/472/resize/d1304-472-133189-2.jpg ]

■ 谷川じゅんじ氏プロフィール
2002年、空間クリエイティブカンパニー・JTQを設立。“空間をメディアにしたメッセージの伝達”をテーマに、さまざまなイベント、エキシビジョン、インスタレーション、商空間開発を手掛ける。独自の空間開発メソッド「スペースコンポーズ」を提唱、環境と状況の組み合わせによるエクスペリエンスデザインは多方面から注目を集めている。主な仕事に、パリルーブル宮装飾美術館 Kansei展、平城遷都1300年祭記念薬師寺ひかり絵巻、GOOD DESIGN EXHIBITION、MEDIA AMBITION TOKYOなど。2016年現在、外務省JAPAN HOUSE Los Angeles 事業プロデューサー、茨城県北芸術祭クリエイティブディレクター等を務める。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る