• トップ
  • リリース
  • 情報セキュリティ・標的型攻撃対策の専門展「第16回 情報セキュリティEXPO【春】」に出展

プレスリリース

情報セキュリティ・標的型攻撃対策の専門展「第16回 情報セキュリティEXPO【春】」に出展

(PR TIMES) 2019年04月02日(火)14時40分配信 PR TIMES

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、2019年5月8日(水)から10日(金)まで、東京ビッグサイトで開催される情報セキュリティ・標的型攻撃対策の専門展「第16回 情報セキュリティEXPO【春】」に出展します。
 2019 Japan IT Week春 -後期-「第16回 情報セキュリティEXPO【春】」は、情報セキュリティ・標的型攻撃対策のあらゆる製品が一堂に出展する国内最大級の専門展です。
 近年、巧妙化・高度化するサイバー攻撃への対応や、改正個人情報保護法の施行、クラウド化・ワークスタイル変革など、企業を取り巻く環境の変化に対応したセキュリティ対策が重要になっています。
 今年のキヤノンブースでは、キヤノンMJグループが長年培ってきたサイバーセキュリティ対策の知見を活かし、情報セキュリティの最新動向の解説や、情報セキュリティ領域におけるお客さまのさまざまな課題を解決する最新ソリューションを紹介します。また、「技術PRセミナー」においてマルウェアラボ専任技術者より国内のマルウェアの最新動向と対策について解説します。

1.社会課題の一つである「情報セキュリティ最新動向」について解説
 「マルウェア対策」、「ビジネスメール詐欺対策」、「情報漏えい対策」、「中小企業のオフィスのセキュリティ強化」をテーマに、セキュリティリスクに対応するための最新動向を紹介します。

2.サイバー攻撃に対応するための最新ソリューションを紹介
 「マルウェア対策」、「Office 365のセキュリティ強化」、「中小オフィスセキュリティ強化/エンタープライズセキュリティ」をテーマに3つのゾーンを設け、さまざまなセキュリティ課題を解決するソリューションを紹介します。

3.マルウェアラボ専任技術者が国内のマルウェアの最新動向と対策について解説
 会場内で開催される「技術PRセミナー」において、サイバーセキュリティに関する研究を担うマルウェアラボの専任技術者が、国内のマルウェアの最新動向と対策について解説します。
  タイトル:国内のマルウェアの最新動向と対策
  講演者 :キヤノンマーケティングジャパン株式会社マルウェアラボ 原田 隆史
  開催日時:2019年5月10日(金)15:30〜16:30
  会場  :Japan IT Week セミナーステージ

<第16回 情報セキュリティEXPO【春】 開催概要>
 会 期:2019年5月8日(水)〜5月10日(金)
 会 場:東京ビッグサイト 西展示棟(キヤノンブース 西 3-54)
 主 催:リードエグジビジョンジャパン株式会社
 入場料:5,000円(ウェブ事前登録で無料)

●ニュースリリースホームページ
 https://canon.jp/newsrelease/2019-04/pr-ist-expo.html

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る