プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

【和食に関するアンケート調査】

(PR TIMES) 2017年04月18日(火)09時24分配信 PR TIMES

好きな和食のメニューは「寿司」「刺身」「天ぷら」がトップ3。男女20代や男性30代では「から揚げ」が2位

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、2回目となる『和食』に関するインターネット調査を2017年3月1日〜5日に実施し、11,548件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=22405

━━<< TOPICS >>━━━━━━━━
■和食が好きな人は9割強。好きな和食のメニューは「寿司」「刺身」「天ぷら」が各70%台でトップ3。男性20・30代や女性20代では「から揚げ」が2位
■朝食のメニューは「和食系が多い」は4割弱、「和食以外が多い」は3割強。東北では「和食系が多い」が5割で他地域より高い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆和食の嗜好度、好きな和食のメニュー
和食が好きな人は91.8%です。「好き」の比率をみると、全体では7割弱ですが、男性20・30代では5割で他の年代より低くなっています。

好きな和食のメニューは、「寿司」「刺身」「天ぷら」が各70%台で、その他提示した選択肢の上位10位までは60%以上、上位21位まででも50%以上の比率です。男性では「うなぎ」「とんかつ」、女性では「煮物」「炊き込みご飯、まぜご飯」の比率が高くなっています。「寿司」に続いて、男性20・30代では「から揚げ」が2位です。女性20代では、「から揚げ」「お好み焼き、たこ焼き」が2〜3位にあがっています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/7815/457/resize/d7815-457-833190-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/7815/457/resize/d7815-457-775360-1.jpg ]



◆和食を食べるシーン、頻度
和食を食べるシーンは、「夕食」が83.3%、「昼食」「外食」「旅行先」「朝食」が4〜5割で続きます。「外食」「季節行事」「あっさりしたものが食べたいとき」「一緒に食べる人に合わせて」は、女性が男性を約11〜17ポイント上回ります。東北や九州では、「朝食」が各5割で他の地域より比率が高くなっています。

和食を毎日1回以上食べる人は6割弱、20代では4割ですが、50代以上では6割となっています。東北や北陸では「毎日・1日2回以上」が各4割、1日1回以上食べる人が各7割で、他の層より頻度が高い傾向です。


◆自宅で食べる和食の準備方法、食べる際の重視点
和食を食べる人が自宅で和食のおかずを食べる際、どのように準備するかを聞いたところ、「自分や家族の手作り」が89.1%、「お惣菜、弁当」「料理の素やあわせ調味料などを利用して作る」が3〜4割となっています。

自宅で和食のおかずを食べる際の重視点は、「栄養バランス」「野菜をたくさん食べる」「価格」「原材料」「季節感」「塩分控えめ」が3〜4割で上位にあがっています。女性や50代以上で比率が高いものが多くなっています。男性20〜40代では、「価格」「栄養バランス」「原材料」が上位3位です。


◆和食のイメージ
和食のイメージは、「庶民的」「季節感がある」「ヘルシー」「素朴」が4〜5割で上位です。「ヘルシー」「季節感がある」は、女性が男性を14〜15ポイント上回ります。特に女性50代以上で比率が高くなっています。

◆朝食のメニューは和食?和食以外?
朝食のメニューは和食か和食以外かを聞いたところ、「和食系が多い」は38.4%、「和食以外が多い」は32.4%、「和食系、和食以外が同じくらいの頻度」は10.1%です。「和食以外が多い」は、女性の比率がやや高くなっています。東北では「和食系が多い」が5割強、近畿では「和食以外が多い」が4割強で他地域より高くなっています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/7815/457/resize/d7815-457-749433-2.jpg ]



──<< 回答者のコメント >>──────
◆和食の魅力 (全7,241件)
・庶民的なものから高級感のあるものまで幅広くある。(男性28歳)
・あっさりしていてお腹に優しい食べ物が多いところ。(男性33歳)
・和食以外の食べ物に比べて健康的な気分にしてくれる、一日に一回は食べないと気持ちが落ち着かない絶対に欠かせない食べ物です。(男性47歳)
・和食の素朴な味を少量、多種で楽しめるところがいい。(男性73歳)
・煮込み料理や炊き込みご飯など、野菜と肉、お米が料理の中でバランス良く摂取できること。(女性28歳)
・食べるとホッとする。体調を崩したときに食べれる料理が多い。(女性27歳)
・味付けが濃くなくても、だしの旨味などでおいしく味わえるのが魅力。(女性41歳)
・健康に配慮出来る感がある。バランス良く素材を生かして料理できると思います。あまりバター系を使用しないのでカロリーを抑えられると思います。(女性61歳)


──<< 調査結果 >>──────────
<第2回>(2017/3) http://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=22405
<第1回>(2014/7) http://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=19206
─────────────────────
※公開しているWEBページはリンクフリーとなっており、リンクのご連絡も不要です。

★マイボイスコムでは「アンケートモニター」を募集しています。
貴方もモニターになって、アンケートに参加しませんか?
(詳細はこちら)http://www.myvoice.co.jp/voice/campaign.html

<調査結果に関するお問合せ>
マイボイスコム株式会社
(TEL)03-5217-1911 /(MAIL)otoiawase@myvoice.co.jp

<会社概要>

【会社名】 マイボイスコム株式会社
【代表者】 代表取締役 高井和久
【設 立】 1999年7月
【資本金】 1億7,800万円
【所在地】 東京都千代田区神田錦町3-17-11 榮葉ビル5階
【企業HP】 http://www.myvoice.co.jp/


(これまでの自主調査一覧)
http://myel.myvoice.jp/products/list_all.php
(アンケートデータベース)
http://myel.myvoice.jp/
(モニターページ)
http://www.myvoice.co.jp/voice/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る