• トップ
  • リリース
  • 衣料品引き取りリサイクル 「ワールド エコロモ キャンペーン」2016年春夏シーズン開催分の収益金9,789,651円をこども達の未来のために寄付

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社 ワールド

衣料品引き取りリサイクル 「ワールド エコロモ キャンペーン」2016年春夏シーズン開催分の収益金9,789,651円をこども達の未来のために寄付

(PR TIMES) 2016年12月09日(金)11時24分配信 PR TIMES


[画像1: http://prtimes.jp/i/2439/456/resize/d2439-456-635962-0.jpg ]

株式会社ワールドは、2016年春夏シーズンに全国の百貨店54店舗との共催、並びにショッピングセンター12店舗で実施した、衣料品引取りリサイクル 「ワールド エコロモキャンペーン」(2016年3月1日〜5月29日)の収益金 9,789,651円を、この度、下記の5箇所に寄付させていただきました。同キャンペーンを代表し、当社の福島県、宮城県、東京都、兵庫県、熊本県の店舗で働く、株式会社ワールドストアパートナーズの社員が、11月にそれぞれの寄付先を訪問し、目録を贈呈しました。

<寄付先と目録贈呈(訪問先)>
・「東日本大震災ふくしまこども寄附金」 https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21055a/kifu.html
11/7(月)福島県庁 こども未来局 (福島県福島市)

・「東日本大震災みやぎこども育英募金」 http://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/kihukouza.html
11/17(木)宮城県庁 保健福祉部 (宮城県仙台市)

・「あしなが育英会(遺児奨学資金)」 http://www.ashinaga.org/
11/14(月)あしなが育英会 本部 (東京都千代田区)

・「公益財団法人 チャイルド・ケモ・サポート基金」 http://kemohouse.jp/
11/22(火)チャイルド・ケモ・ハウス (兵庫県神戸市)

・「日本赤十字社 熊本県支部」http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/
11/16(水)日本赤十字社 熊本県支部 (熊本県熊本市)

※寄付金額の詳細は、下記参照

■「ワールド エコロモ キャンペーン」では、総額 5,903万7,927円 を、こども達の未来のために寄付
「エコロモ」とは、"エコロジー"と"衣(コロモ)"をかけ合わせたワールド独自の造語です。“リユース、リサイクルを通じて衣料品の価値を最後まで無駄なく活かすこと”を目的に、2009年秋より、社会貢献活動の一環として、お客様の不用な衣料品をお引き取りするためにスタートしました(百貨店で実施するキャンペーンは、ワールドとの共同開催)。

2011年秋冬開催からは、キャンペーンの主旨に賛同するリサイクルパートナーと連携し、衣料品のリユースを行うと共に、収益金を福島県「東日本大震災ふくしまこども寄附金」、宮城県「東日本大震災みやぎこども育英募金」など、支援を必要とするこども達の未来のために寄付を続けています。

また、2015年秋冬開催のキャンペーンからは、寄付先に「あしなが育英会」、「チャイルド・ケモ・ハウス」を新たに加え、2016年春夏開催キャンペーンでは今年4月に発生した熊本地震の被災者の皆様への支援として日本赤十字社 「平成28年熊本地震災害義援金」にも寄付を行い、寄付総額は 5,903万7,927円 になりました。
「ワールド エコロモ キャンペーン」では、引き続き、環境負荷の軽減と社会貢献活動に取り組んで参ります。

◎「ワールド エコロモ キャンペーン」サイト:http://corp.world.co.jp/csr/social/ecoromo/

<各寄付先の概要と2016年春夏キャンペーンの寄付の目録贈呈について>
●11月7日(月) 東日本大震災ふくしまこども寄附金
<寄付先概要>
東日本大震災の被災・避難等により不便を強いられている子どもへの支援 、子どもたちの将来につながる取り組み子どもたち及び保護者が元気になる取り組み、子どもたちのふるさと福島への愛着心を醸成する取り組み、子どもたちの福島県復興への参画に役立てる。
<寄付額>2,500,000円 ※ 2011年秋冬から2016年3月末までの寄付総額は、26,607,869円
<贈呈者> 株式会社ワールドストアパートナーズ 北海道・東北支店 所属/ 纐シ 晃、紺野 沙織
[画像2: http://prtimes.jp/i/2439/456/resize/d2439-456-496713-1.jpg ]

福島県庁 こども未来局長 須藤 浩光 様(写真左)に目録を贈呈するワールドストアパートナーズ社員

●11月17日(木) 東日本大震災みやぎこども育英募金
<寄付先概要>
「東日本大震災みやぎこども育英募金」の寄附金を基金として積立て、被災した子どもたちの安定した生活と希望する進路選択の実現を支援するための奨学金・支援金等として活用している。
<寄付額> 2,500,000円 ※2011年秋冬から2016年3月末までの寄付総額は、25,069,939円
<贈呈者> 株式会社ワールドストアパートナーズ 北海道・東北支店 所属/ 阿部 翔太、小野 陽子
[画像3: http://prtimes.jp/i/2439/456/resize/d2439-456-375474-2.jpg ]

宮城県庁 保健福祉部 次長 千葉 隆政 様(写真中央)に目録を贈呈するワールドストアパートナーズ社員

●11月14日(月) あしなが育英会 本部
<寄付先概要>
病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親が重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体。
<寄付額> 1,000,000円 ※2015年秋冬〜2016年9末までの寄付総額は、2,000,000円
<贈呈者> 株式会社ワールドストアパートナーズ 関東営業所 所属/ 石澤 春花、大木 真由

[画像4: http://prtimes.jp/i/2439/456/resize/d2439-456-307600-3.jpg ]

あしなが育英会 事務局顧問 櫻井 亮志様 (写真左)、会長室長 兼 総務課長 花岡 洋行様 (左から二人目)に目録を贈呈するワールドストアパートナーズ社員

●11月22日(火) チャイルド・ケモ・サポート基金
<寄付先概要>
チャイルド・ケモ・ハウスは、小児がん等の難病の子どもと家族の施設として、2013年、神戸ポートアイランドにオープン。チャイルド・ケモ・サポート基金では、施設建設・運営、助成などを通して支援活動を行っている。
<寄付額> 1,000,000円 ※2015年秋冬〜2016年9末までの寄付総額は、2,000,000円
<贈呈者> 株式会社ワールドストアパートナーズ 近畿営業所 所属/ 坂本 篤志、今井仁美
[画像5: http://prtimes.jp/i/2439/456/resize/d2439-456-701373-5.jpg ]

チャイルド・ケモ・クリニック院長 楠木 重範 様 (写真中央)に目録を贈呈するワールドストアパートナーズ社員

●11月16日(水) 日本赤十字社 「平成28年熊本地震災害義援金 」
<寄付先概要>
日本赤十字社が、2016年4月に発生した熊本県熊本地方を震源とする最大震度7の地震で被災された方々を支援するために2017年3月31日まで受付。義援金は、被害状況に応じて按分され、各被災県に設置された義援金配分委員会を通じ、全額を被災された方々に届けられる。
(2016年9月まで) 熊本県・大分県に対し、被害状況に応じて按分され送金。
(2016年10月から)熊本県に全額送金。
<寄付額> 2,789,651円(2016年春夏キャンペーンから)
<贈呈者> 株式会社ワールドストアパートナーズ 九州支店 所属/ 林田 有加吏、谷川 真輝
[画像6: http://prtimes.jp/i/2439/456/resize/d2439-456-959572-4.jpg ]

日本赤十字社 熊本県支部 事務局長 岡村 範明 様 (写真中央)に目録を贈呈するワールドストアパートナーズ社員



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る