• トップ
  • リリース
  • KNOCK OUT vol.2 18歳石井一成凱旋KO!ライト級トーナメント開幕

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社ブシロード

KNOCK OUT vol.2 18歳石井一成凱旋KO!ライト級トーナメント開幕

(PR TIMES) 2017年04月04日(火)12時16分配信 PR TIMES

株式会社ブシロード(本社:東京都中野区、代表取締役社長:木谷高明)は、4月1日(土)大田区総合体育館にて、株式会社キックスロード(代表取締役社長:花澤勇佑)が主催するKNOCK OUT vol.2を開催し大盛況で終了いたしました事をご報告致します。報道関係の皆様におかれましては、ぜひ本情報をお取り扱いいただけますよう、お願い申し上げます。

KING OF KNOCK OUT開幕!野良犬2世・森井洋介が一回戦突破!西の神童・石井一成凱旋KO


[画像1: https://prtimes.jp/i/14827/447/resize/d14827-447-714922-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/14827/447/resize/d14827-447-497313-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/14827/447/resize/d14827-447-742265-2.jpg ]



4/1(土)大田区総合体育館にてキックボクシングイベント「KNOCK OUT vol.2」が開催された。

今回の大会はvol.0、vol.1と圧倒的な存在感を示してきた那須川天心は不参加。天心不在の中、最も注目があつまったのは西の神童と呼ばれる18歳、石井一成だ。この春から大学生になる石井はこれまで日本と立ち技の本場でもあるタイで実績を重ね、タイでベルトも獲得している。その石井の対戦相手は日本二冠王の矢島直弥。どちらも負けられない一戦となったが、激闘の末、石井一成がKO勝利。マイクを持つと、「この後世界戦が決まっている。それを獲得し、またKNOCKOUTにあがる」と宣言した。

メインイベントは今大会より開幕するKINGOF KNOCK OUTライト級トーナメント一回戦。これまでKNOCK OUTにおいて全大会出場、そしてKNOCK OUTのコンセプトを体現してきた森井洋介が登場。対戦相手には再優勝候補の宮越慶二郎との一戦。本来の階級ではない森井は不利と予想されていたが、1Rをより猛攻をしかけ、3度のダウンを奪い2RKO勝利。会場は大声援に包まれた。

森井はマイクはもつと「これがKNOCK OUTのメインです。」とコメント。同じ階級である梅野源治がこれまでに2大会をメインを務めており、このライト級トーナメントで実現するかと思われたが、梅野源治は参戦せず「レベルが違うから出場しない」と発言していた。森井もこれまで2大会判定勝利の梅野に対して「KOできないやつに言われたくない」と大会前から舌戦を繰り広げていた。
宣言通りKOをした森井はまさに今大会のMVPといえるだろう。

このライト級トーナメントのその他一回戦の試合は次回大会6/17(土)TDCホールにて開催予定。


大会情報、記者会見の模様など詳しくはKNOCK OUT公式サイトをご確認ください
http://www.knockout.co.jp/


※ご紹介いただく際は、権利表記として上記の記入をお願いします。
(C) KNOCKOUT All Rights Reserved.(C) bushiroad All Rights Reserved.



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る