• トップ
  • リリース
  • 新しいサロンデザート「マリアージュ・ドゥ・ヴァン・ショー」数量限定発売開始。11月30日(水)からイルサンジェー東京ブティックで、お召し上がりいただけます。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

新しいサロンデザート「マリアージュ・ドゥ・ヴァン・ショー」数量限定発売開始。11月30日(水)からイルサンジェー東京ブティックで、お召し上がりいただけます。

(PR TIMES) 2016年11月29日(火)11時01分配信 PR TIMES

フランス人間国宝 エドワール・イルサンジェーが作るショコラたちと、ホットワインのマリアージュが11月30日(水)から開始。


■イルサンジェー東京ブティックでは、店内だけでお召し上がりいただける「期間限定サロンデザート」から新メニュー「マリアージュ・ドゥ・ヴァン・ショー」が登場


[画像1: http://prtimes.jp/i/11472/435/resize/d11472-435-934311-2.jpg ]



■「マリアージュ・ドゥ・ヴァン・ショー」タブレットショコラ2種、ボンボンショコラ2種、アイス2種と、ホットワイン"ヴァン・ショー"のマリアージュセット ¥2,500(税込)

寒い冬に心と体が温まる、とっておきの組み合わせのサロンデザートが登場。

[画像2: http://prtimes.jp/i/11472/435/resize/d11472-435-788407-6.jpg ]



フランス人間国宝エドワール・イルサンジェーが作る「タブレット・ショコラ」と「ボンボン・ショコラ」の食べ比べができる贅沢なプレート。

[画像3: http://prtimes.jp/i/11472/435/resize/d11472-435-716226-3.jpg ]



産地別のカカオの味が楽しめるタブレット・ショコラを2種類ご用意しました。

エドワールが実際に現地に赴き、農園で手に入れたカカオ豆を使用している貴重なショコラたち。

4種類の味から、スタッフがセレクション致します。


■エクストラビター


[画像4: http://prtimes.jp/i/11472/435/resize/d11472-435-322546-7.jpg ]



柔らかい酸味と苦味の中にカカオ本来の芳醇な香りが楽しめる一枚。
エドワールの卓越した技術により、83%とは思えないほどの、食べやすいチョコレート。
白ワインが好きな方に一番人気の種類です。


■ペルー クリオロ 70%


[画像5: http://prtimes.jp/i/11472/435/resize/d11472-435-762610-10.jpg ]



独創的な香りと、しっかりとした酸味が個性的なタブレットチョコレート。
世界的に希少品種のクリオロ種を贅沢に使用。
辛口の白ワインとのマリアージュが絶品。


■アリバ 62%

[画像6: http://prtimes.jp/i/11472/435/resize/d11472-435-613760-8.jpg ]



アリバ種独特の程よい甘みと、華やかな香りが織り成す心地よい酸味が特徴のタブレットチョコレート。
アリバ種は、エクアドルでしか栽培できない貴重な品種。
果実味のある甘みも楽しめ、赤ワインにも合う、女性に人気の味です。


■ボリビア 75%

[画像7: http://prtimes.jp/i/11472/435/resize/d11472-435-587978-9.jpg ]


個性的な味わいが特徴でもあるボリビア産カカオのエレガントな芳香が、上質な苦味の世界観を演出。
ボリビア産カカオは、フランス国内で認められたショコラトリーのみが使用している希少なカカオ。

■スパイスの香り豊かなホットワイン

[画像8: http://prtimes.jp/i/11472/435/resize/d11472-435-513614-0.jpg ]


アニスやシナモンを加えた、スパイシーな風味のホットワインでショコラの口溶けをお楽しみ頂けます。

■アルボアの雪を再現したアイス

[画像9: http://prtimes.jp/i/11472/435/resize/d11472-435-399310-1.jpg ]



添えてあるアイス2種は、アルボア本店と同じレシピで作った、フランボワーズと、ショコラ。

豪華にメレンゲをかけて、まるで雪景色のよう。

サクサクとした食感も、また一興。

どうぞ、冬のアルボアの景色を思い浮かべながらお楽しみくださいませ。


■ホットワイン"ヴァン・ショー"とイルサンジェー

"ヴァン・ショー"とは、フランス語でホットワインのこと。

多くは、赤ワインと一緒に、オレンジやスパイスで軽く煮立たせたもの。

冬は口内の温度が下がり、食べ物の味が感じにくくなるため、寒い土地では温めたワインが好まれているとか。

[画像10: http://prtimes.jp/i/11472/435/resize/d11472-435-224730-5.jpg ]


エドワールもこよなく愛するホットワインは、ショコラの口溶けも助ける上に、熱によってまた違う風味を与えてくれます。

アルボアのイルサンジェー本店では、寒い時期になると、お客様にショコラを最大限楽しんでもらうために、ホットワインのマリアージュをおすすめしているそうです。

[画像11: http://prtimes.jp/i/11472/435/resize/d11472-435-175719-4.jpg ]



東京ブティックでも、寒い中お越しいただくお客様のために、ホットワインをご用意致しました。

そのレシピはエドワールから受け継いだもの。

少量の砂糖とスパイスのみで味付けし、赤ワイン本来の味は残るように微妙な火加減で作りました。

絶妙な赤ワインの風味と、イルサンジェーのショコラたちの贅沢なマリアージュをお楽しみください。

開催日:11月30日(水)〜
価格:2,500(税込)

=セット内容=
■ショコラ(スタッフのおすすめセレクション)
タブレット・ショコラ 2種
ボンボン・ショコラ 2種
■アイス
フランボワーズ
ショコラ
■ワイン
ホットワイン
※お冷のご用意もございます。

■イルサンジェーのこだわり

フランス東部のジュラ地方、アルボアという街で100年以上の歴史を持つショコラトリー「イルサンジェー」。

[画像12: http://prtimes.jp/i/11472/435/resize/d11472-435-660544-11.jpg ]



イルサンジェーの当主は、代々血族のみが務め、一子相伝のレシピで今もショコラを創り続けています。
4代目現当主のエドワール・イルサンジェーは「M.O.F(フランス国家最優秀職人章)」という、フランスの人間国宝に相当する章を当時最年少で受章。

[画像13: http://prtimes.jp/i/11472/435/resize/d11472-435-770345-12.jpg ]



ジュラ地方の芳醇な白ワインに合うイルサンジェーのショコラが、ワイン好きなフランスの人々に人気です。

また、エドワール・イルサンジェーのショコラを創る腕もさることながら、「ショコラ」を通じて、人々を幸せにしたいという、ショコラを創る想いが、多くのファンを惹きつけています。
サロンデザートをご希望のお客様は、ご来店予約をお申込みの上、ご来店ください。


■予約制のショコラブティックでゆったりとできる、イルサンジェー東京ブティック

[画像14: http://prtimes.jp/i/11472/435/resize/d11472-435-604678-13.jpg ]



マリアージュを楽しみながら、1時間、ゆったりとお買い物が楽しめます。
豊富な知識のある東京ブティックのスタッフが、用途に合わせたショコラのセレクトもお手伝い。
ワインが美味しくなるこの秋に、ワインとショコラのマリアージュを楽しんでみてはいかがでしょうか。
※タブレットチョコレート、ショコラは一粒からお好きなものをご購入頂けます。

オンラインショップはこちらから
https://hirsinger.buyshop.jp/

他のセレクションはこちら
http://www.hirsinger.co.jp/archives/2504

ご来店予約はこちらから
http://goo.gl/forms/U3AWWvl4y3

予約専用回線:03-5775-7888

----------------------------------------------------------------
イルサンジェー東京ブティック
予約専用回線:03-5775-7888(受付時間:12時〜21時)
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-26-5 神宮前426ビル1階
定休日:火曜
店舗営業時間:12時〜19時
http://www.hirsinger.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る