• トップ
  • リリース
  • 「アサヒもぎたて」のクオリティアップに合わせ新TVCM「教えてあげる篇」 4月2日(火)放映開始!

プレスリリース

アサヒビール株式会社

「アサヒもぎたて」のクオリティアップに合わせ新TVCM「教えてあげる篇」 4月2日(火)放映開始!

(PR TIMES) 2019年03月20日(水)10時40分配信 PR TIMES

〜CMキャラクターには、山口智子さんを起用〜


 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、クオリティアップし、4月2日(火)より発売する「アサヒもぎたて」の新TVCM「教えてあげる篇」を同日以降、放映開始します。今回のTVCMでは、同ブランドのターゲット層である30〜40代の男女から支持の高い山口さんを起用します。
[画像: https://prtimes.jp/i/16166/408/resize/d16166-408-898625-0.png ]

 「教えてあげる篇」は、スーツ姿の男性が街中に突如現れた扉を開けるシーンから始まります。その後、山口さん扮するバーテンダーが、席に着いた男性に「知ってる?チューハイのおいしさってレモンの鮮度で全然違うの」と話しかけることによって、「鮮度がいい※1から、うまさが違う。」という商品特長を訴求します。ラストシーンでは山口さんの「試して、もぎたて」というコメントとともに、クオリティアップした商品への期待感を表現します。
※1:『収穫後24時間以内搾汁』の果汁のみを使用し、鮮度マネジメントの導入により『つくりたてのおいしさ』を維持していることを指しています。
 「アサヒもぎたて」は、2016年4月の発売以来、“鮮度にこだわった果実感が楽しめる高アルコールRTD※2”としてお客様にご評価いただいています。今回のクオリティアップでは、原材料だけでなく製造工程や容器の形状まで一貫した「鮮度マネジメント」を当社RTDカテゴリーで初めて導入しました。その結果、これまで以上の“つくりたてのおいしさ”と“活きた果実の味わい”や、すっきりと飲み飽きない後味を実現しました。
 TVCMを中心とした広告に加え、サンプリング活動や試売イベントなどを年間通じて行うことで、年間販売目標850万箱※3の達成を目指します。
※2:「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。
※3:1箱=250ml×24本換算。

参考:撮影エピソード
 撮影は12月初旬に都内近郊のスタジオで行われました。山口さんはスタジオ入りされると早速、今回のCMの肝となるバーのセットをスタッフとじっくりと確認。美術やライティングなど細かなところまでスタッフと話し合われる山口さんの姿に、今回のCMに対する熱い想いを感じました。現場の雰囲気は終始和やかで、撮影が終わると、山口さんご本人から「楽しい撮影でした。」という言葉をいただきました。アドリブを織り交ぜながら自然体で演技される山口さんの姿が、印象に残る撮影となりました。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る