• トップ
  • リリース
  • 「移住に関する意識調査」 移住目的は生活の質の向上!? 「試住体験プロジェクト」において、神戸市は「都会と自然とのバランスが取れた街」として評価 

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社フェリシモ

「移住に関する意識調査」 移住目的は生活の質の向上!? 「試住体験プロジェクト」において、神戸市は「都会と自然とのバランスが取れた街」として評価 

(PR TIMES) 2016年08月18日(木)15時23分配信 PR TIMES

株式会社フェリシモは、兵庫県外から神戸市への「試住体験プロジェクト」に参加した20代から40代の男女に、「移住に関する意識調査」ならびに「試住体験におけるアンケート」を行いました。この調査は、フェリシモが神戸市から委託されて行った「神戸市暮らし体験事業 LIVE LOVE KOBE」を実施する中で、移住促進を目的とした試住の有効性を検討する目的で行ったものです。
*「神戸市暮らし体験事業 LIVE LOVE KOBE」は神戸市への移住促進を目的とした事業で、第1回目は2015年12月15日から2016年2月29日まで実施されました。(第2回目は2016年8月20日より実施)
「LIVE LOVE KOBE」のサイトはこちら >>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr160818/1/


■調査概要
1. 調査目的  神戸市への移住に関する意識調査
2. 調査対象  「神戸市暮らし体験事業 LIVE LOVE KOBE」の申し込みに当選し、実際に「試住体験」をした20 歳〜49歳の参加者27組42名
3.対象者詳細 
男女比 :男性37% 女性63%
未既婚比:既婚16% 未婚84%
参加地方:関東43% 近畿(兵庫県をのぞく)17% 中部12% 東海9% 中国・四国7% 九州・沖縄7% 北海道5%
家族構成:ひとり暮らし 48% 夫婦のみ 12% 親などの家族と同居 20% 子どものいるカップル 8% そのほか 12%
4. 調査方法  試住体験終了後にアンケート(記述式)にて調査を実施
5. 調査期間  2015年12月15〜2016年2月29
6. 有効回答数 27組42名中25組40名

■調査結果
1.移住・試住の目的について
1)神戸市の試住体験をするにあたり、「移住を検討中」が全体の8割、5割が「神戸市への移住を検討」
神戸市での試住体験をするにあたり、「移住を検討中」が全体の8割、うち5割が「神戸市への移住を検討中」で、移住を決定するにあたり、試住経験を重視していることが分かりました。このことから、移住にあたり、「試住体験」が有効であることが考えられます。

[画像1: http://prtimes.jp/i/12759/406/resize/d12759-406-863677-1.jpg ]



2)移住を検討する理由は「生活の質の向上」と「ライフステージの変化」
移住を検討する理由として41%が「生活の質の向上」、38%が「ライフステージの変化」(転職・転勤・結婚・家族構成の変化)から移住を検討していることがわかりました。移住検討の中で「試住体験」をして、移住のためにその土地が自分に合うか見極めを必要としていることが分かりました。


[画像2: http://prtimes.jp/i/12759/406/resize/d12759-406-378874-2.jpg ]



2.移住の決め手について
1)移住にあたって知りたい情報は多岐にわたりました。
「移住のための物件情報」や、「転職情報」そして、移住後の生活のイメージができる交通の便や生活圏に必要な店舗の数や内容などの「生活情報」が上位3位となりました。


[画像3: http://prtimes.jp/i/12759/406/resize/d12759-406-574276-3.jpg ]


2)移住の決め手だと感じることは「生活利便性」「働く場所」「家賃」「自然環境」の4つが上位の条件となりました。
「試住体験者」アンケートの記述で散見されたのは神戸市に対して「都会と自然とのバランスが取れている」というコメントでした。ここには「遊ぶところと、住むところの距離が近い」「駅から徒歩1時間もあれば海や山などの自然に飛び込めるのが魅力である」との声や、「人と人との距離感が、疎遠でありすぎず、近すぎない快適さがある」との感想がありました。一方で「すぐに神戸に引っ越したいが、仕事の問題がクリアになれば」という声も複数ありました。


[画像4: http://prtimes.jp/i/12759/406/resize/d12759-406-809052-4.jpg ]


また、今回試住体験プロジェクトに当選しなかった人の中で、海外からの移住先候補として神戸を検討しているという人からの声も複数ありました。その中には、「都会でありながら自然豊かで良質な環境や情報に出会えるのはとても魅力的」「店の経営を考えているが、都会で店を経営しながら、住宅も遠くはないところに確保ができそうである(そのために個人としても豊かな生活を送ることが期待できる)」という声がありました。


■結論
以上「試住」を希望する人たちの中には、「移住」を検討している人たちが多く、また、その目的の上位には「生活の質の向上」などの内的な動機があり、次いで「ライフスタイルの変化」などに合わせた動機があることがわかりました。そして都会と自然、人と人との距離感が程よいという点で神戸が評価されており、試住体験を経た人たちは、実際の移住のためには最終的には働く場所などの実生活をしていくための手段が確保されれば、移住がより現実的になるという考えを持っていることがわかりました。


■神戸市暮らし体験事業「LIVE LOVE KOBE(リブ・ラブ 神戸)」について

[画像5: http://prtimes.jp/i/12759/406/resize/d12759-406-481770-9.jpg ]


全国有数規模の都市でありながら海と山に囲まれ豊かな自然環境のある街・神戸に無料で「試住体験」しながら、神戸で暮らす生活の魅力を実感いただき、実際の神戸への移住を促進することを目的とした事業です。また、フェリシモは、神戸をこよなく愛する方々と協力し、「神戸人体験ツアー」を企画・開発しています。この「神戸人体験ツアー」では、神戸をこよなく愛し、神戸で学び・働き・遊ぶ神戸市在住の方々と兵庫県外の方とが交流する機会を創ります。昨年度第1回目の実施の際には当選倍率が40倍以上となるほどの多数の応募がありました。試住体験者の中から、その後、2組の移住が実現しています。


      
★9月1日より第二次募集開始 試住体験者募集中!

神戸人になりきって、神戸人とともに、神戸の魅力にふれる
第2回目「LIVE LOVE KOBE(リブ・ラブ 神戸)」
公式サイト >>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr160818/1/

・対象:兵庫県外在住の20〜49歳の方。
・試住エリア:1.北野エリア 2.海岸通りエリア 3.布引エリア 
・宿泊費:無料(食事はついていません)
・実施期間:平成28年8月20日〜平成28年11月28日
・滞在期間:1組あたり3泊以上13泊以内
※1組(単身=1名、家族=3名までを想定)シングルタイプとファミリー・カップルタイプがあります。お申込み多数の場合は抽選となります
・協力:神戸R不動産、和田興産株式会社ほか
・備考:神戸市内までの交通費は参加者負担。ただし神戸人が案内する約100種類の「神戸人体験ツアー」(有料)から選択の上、参加し、ツアー体験談の神戸市の広報活動の使用の同意が条件となります。
※ツアー例:夜の三宮を楽しむ外国人バーめぐり/神戸市立中央図書館で学ぼう/図書館探訪&製本ワークショップ
・ツアー参加費:ツアーにより異なります。1人1回3時間5000円〜(目安)

[画像6: http://prtimes.jp/i/12759/406/resize/d12759-406-451905-5.jpg ]


※写真は今回提供中の一部の住居のインテリアで、フェリシモが手がけました。

◆調査結果の引用・転載・取材等に関するお問い合わせやデータの詳細をご希望の方は、広報窓口までご連絡ください。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る