• トップ
  • リリース
  • ゴールデンウィークは伊勢丹新宿店で今までにない音楽体験を!“Rock Time Line ”

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社 三越伊勢丹ホールディングス

ゴールデンウィークは伊勢丹新宿店で今までにない音楽体験を!“Rock Time Line ”

(PR TIMES) 2017年04月21日(金)11時44分配信 PR TIMES

<Rock Time Line PARTI> 4月26日(水)〜5月2日(火)伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ


音楽そのものを、より広く、より深く感じられるプラットフォーム。
アーティストと、リスナーの、それぞれの想いを、時を超えて、繋ぎとめる場所 “Rock Time Line”。


[画像1: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-913700-3.jpg ]


ここでつながったアーティストたちと三越伊勢丹のコラボレーションTシャツをはじめ、ツアーでしか買うことができないグッズ、イベントのために制作されたスペシャルなミュージックビデオなどが一堂に会します。
ジャンル・レーベルの垣根を超え、さまざまな音楽体験ができる発信空間が、伊勢丹新宿店に登場します。


8組のアーティストが参加決定!

・くるり
1996年9月頃、立命館大学(京都市北区)の音楽サークル「ロック・コミューン」にて結成。古今東西さまざまな音楽に影響されながら、旅を続けるロックバンド。
[画像2: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-878933-2.jpg ]

・相対性理論
音楽シーンのみならず、ドローイング、美術作品、テキストなど多彩な分野で活躍するやくしまるえつこを中心に、一貫してインディペンデントでの活動を続ける。2016年にはアルバム「天声ジングル」を発表、坂本龍一、ジェフ・ミルズ、ペンギン・カフェ、黒沢清らから賛辞を贈られる。レコード会社にもプロダクションにも所属しないアーティストとして史上初の日本武道館公演「八角形」を実施し、また、ポップミュージシャンとして初となる山口情報芸術センター[YCAM]での特別企画展「天声ジングル - ∞面体」が開催された。
[画像3: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-291820-4.jpg ]



・ぼくのりりっくのぼうよみ
現役大学生、19歳。
高校2年生の時、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」で才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴び、まだ高校3年生だった2015年12月、1stアルバム『hollow world』でメジャー・デビュー。言葉を縦横無尽に操る文学性の高いリリックは多方面から注目を集めており、雑誌「文學界」にエッセイを寄稿するなど、音楽フィールド以外でも才能を発揮している。
[画像4: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-164529-5.jpg ]

・ポーター・ロビンソン
アメリカ出身のプロデューサー/アーティスト(現在24歳)。2011年にスクリレックス主宰レーベル<OWSLA>からEPをリリースし、全米iTunesチャート1位獲得。人気音楽雑誌DJタイムズではアメリカでもっとも優秀なDJと評される。親日家として知られ、自身のアーティストロゴも日本の顔文字をモチーフにしていたり、アニメ、ゲーム、J-POPなど、日本のカルチャーから多大な影響を受けている。2016年朋友マデオンとのコラボ楽曲「シェルター」をリリース。自らA-1 Picturesに依頼しジャパンアニメでミュージックビデオを製作、発表後2カ月以内に視聴回数1千万ビューを超す話題のビデオとなった。
[画像5: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-776772-6.jpg ]

・ポルカドットスティングレイ
福岡を拠点に何かを企む、超常ハイカラギターロックバンド。活動歴が他アーティストと比較しても短い中、それを感じさせないバンドアンサンブル、既に教祖的存在感、早耳のリスナー、メディアの投稿から引火し、現在までバズりあげる。代表曲は、YouTubeの視聴回数400万回を超えた「テレキャスター・ストライプ」。
[画像6: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-580685-7.jpg ]

・My Hair is Bad
新潟県上越市出身。ライブ本数が毎年120本を超える生粋ライブバンド。2016年5月11日にはEMI Recordsからのメジャーデビューシングルとなる「時代をあつめて」を、同年10月には2nd Full Album「woman's」をリリース。2016年12月〜2017年6月まで・全43公演に及ぶ「ハイパーホームランツアー」を敢行(チケットは全公演SOLD OUT)。
[画像7: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-990991-8.jpg ]

・森山直太朗
少年時代より一貫してサッカーに情熱を傾ける日々を送るが、大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。その後、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでのライブ活動を展開。2002年10月メジャーデビュー。翌2003年『さくら(独唱)』の大ヒットで一躍注目を集めた。2016年、デビュー15周年記念オールタイムベストアルバム『大傑作撰』をリリース。2017年7月まで、約半年間に渡る15thアニバーサリーツアー『絶対、大丈夫』開催中。

[画像8: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-878977-9.jpg ]

・ReN
全国を舞台にライブ活動をしている23歳シンガーソングライター。「ループステーションを駆使し、コーラスも含めすべて1人で演奏するスタイルが特徴。2017年の今年はSpaceShowerのNew Force2017に選出され、今後の活動が期待される中、ONE OK ROCK「Ambitions Japan Tour」福岡公演への参加も発表されている。
[画像9: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-705492-10.jpg ]



伊勢丹新宿店がキュレーターとなり、各音楽アーティストとコラボレーションしたこれまでにない音楽体験を提供。

本館1階 ザ・ステージ#1にて、VR(ヴァーチャルリアリティ)とBluetoothヘッドフォンによるライブ/ツアー体験や、ミュージックビデオの衣装展示・上映を行うほか、<SONY>の最新ステレオレコードプレーヤーによるレコード体感スペースを完備。各アーティストに繋がるルーツとなるレコードを、音楽ジャーナリストの鹿野淳氏がセレクト。

[画像10: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-547637-11.jpg ]

鹿野淳
音楽ジャーナリスト。1990年(株)ロッキング・オン入社。その後、『BUZZ』、『ROCKIN'ON JAPAN』の編集長を歴任。2004年(株)FACTを設立。2007年3月には音楽雑誌『MUSICA(ムジカ)』を創刊。フェスプロデューサーとしても現在は埼玉県最大のロックフェス『VIVA LA ROCK』のプロデュースを手掛けている。5月3日〜5日の3日間、ロックシーンの進化とリアリティーに拘る、春フェス最大にして埼玉を代表するロックフェス「VIVA LA ROCK2017」ともコラボレート。このフェスの名物である、亀田誠治率いるたった一日のためのスーパーバンド、「VIVA LA J-ROCK ANTHEMS」。豪華なゲストヴォーカルを招き、日本のロックのアンセムを披露している過去2年間の編集映像を、ブース内で爆音で視聴することができます。

希少性の高い各アーティストのツアーグッズや、ここでしか手に入らないコラボレーションアイテムが登場。


[画像11: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-423196-12.jpg ]


Rock Time Lineオリジナルトートバッグと、レコードジャケットのパッケージに入れて、オリジナルの缶バッジとセットで販売。


Rock Time Line PARTII 5月3日(水・祝)〜5月14日(日)
伊勢丹新宿店 メンズ館1階=プロモーション

あの<The Rolling Stones>をフィーチャー!

[画像12: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-647099-13.jpg ]

ザ・ローリング・ストーンズ
英国出身のロックバンド。1962年に結成。ブルースやR&B等のルーツ・ミュージックに根ざしたストーンズ流のロック・サウンドを作り上げ、ロックの代名詞的グループとなった。一度も解散せずに半世紀にわたりシーンの第一線で活躍、後世に与えた影響は計り知れない。2017年は結成55周年。

古き良き時代を振り返り、モダナイズし、今へとつなげていく。フォトグラファーとのコラボレーションアイテム

ザ・ローリング・ストーンズの活動25周年記念写真集を発刊している<BOB GRUEN>による作品や、
過去のザ・ローリング・ストーンズのポスターを使用したTシャツを先行販売。
代表的な“LIPS&TONGUE”のマークだけではなく、アーティスティックな写真やポスターに注目し、現代的なファッションアイテムに昇華している。
[画像13: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-877273-14.jpg ]

[画像14: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-508031-15.jpg ]



The Rolling Stonesに強く影響を受けた、未来を切り開くアーティストのクローズアップ


[画像15: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-834176-16.jpg ]


ロックやブルースを基調にしながらも、新しい時代を感じさせるサウンドを鳴らす、人気急上昇中の若手アーティスト<GLIM SPANKY>。
そのボーカルである松尾レミによる、“LIPS&TONGUE”をモチーフとした描き下ろしのイラストを落とし込んだTシャツとバッグを販売する。
[画像16: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-689972-17.jpg ]

[画像17: https://prtimes.jp/i/8372/403/resize/d8372-403-293447-18.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る