• トップ
  • リリース
  • スクリーン上にカーソルを表示させる レーザーレスの次世代プレゼンテーションツールを発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

スクリーン上にカーソルを表示させる レーザーレスの次世代プレゼンテーションツールを発売

(PR TIMES) 2018年09月21日(金)14時01分配信 PR TIMES

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、液晶モニターやスクリーン上にカーソルを表示させてポインティングするプレゼンター“PR1-HY”と“PR3”を10 月19日に発売します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13943/399/resize/d13943-399-552789-7.jpg ]

○製品紹介サイト:https://cweb.canon.jp/laserpointer/index.html


新製品“PR1-HY”と“PR3” は、レーザー光ではなくカーソルをスクリーン上に表示させることができる新しいプレゼンテーションツールです。これまでのレーザーポインターでは光が吸収されて見づらかった液晶モニターでも、ポインティング箇所が見やすいほか、複数のスクリーンに投影する場合や遠隔地とのテレビ会議などでもポインティング箇所をすべての画面に表示させることが可能です。

カーソルは形状・大きさ・色を変更でき、さらに写真やイラストなどの画像を使ったオリジナルアイコンを作成して使うことができます。細かな図表やクローズアップしたい部分を拡大させる機能を搭載しており、オリジナリティーのあるプレゼンテーションが可能です。

上位機種の“PR1-HY” は、カーソルによるプレゼンター機能に加え、グリーンレーザー光によるレーザー機能を搭載したハイブリッドモデルで、スイッチ一つでモードを切り替えることができます。レーザー光の出力方式には緑色レーザーダイオードを直接発光させる「ダイレクトグリーン」を採用しています。赤外線レーザーダイオードを緑色に変換する方式に比べレーザー出力の安定性が高く消費電力が少なく済むため、実使用環境※1において約35時間の連続使用が可能です。

“PR3”は、軽量・スリムなボディーにプレゼンター機能を搭載したスタンダードモデルです。リチウムイオン充電池を採用し、1分間の充電で約3時間分の高速充電が可能です。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/13943/table/399_1.jpg ]




< PR1-HY の主な特長>
[画像2: https://prtimes.jp/i/13943/399/resize/d13943-399-881569-5.jpg ]

・プレゼンターモードとグリーンレーザーモードをワンタッチで切り替え可能
・カーソルの形、大きさ、色を変更可能
・資料の一部を拡大して表示する拡大機能を搭載
・自分だけのカーソルを作成できるオリジナルアイコン機能
・クリック機能でウエブページのリンクのオープン、動画再生が可能
・タイマー機能でプレゼンの時間管理が可能
・カーソルの移動速度、タイマー機能のバイブレーションの強さを設定可能
・視認性の高いグリーンレーザーを搭載
・屋外や冬場の会議室などの低温環境でも安定したレーザー出力が可能(推奨使用温度0 〜 40℃)
・単四形乾電池2 本でレーザーモード時約35 時間※1、プレゼンターモード時約180 時間※2の長時間使用が可能
・USB レシーバーでの接続に加え、Bluetooth Low Energy 接続に対応
・人間工学に基づいた持ちやすい本体形状
・複数人での使用でも快適な抗菌仕様
・PSC(消費生活用製品安全法)認証適合
・持ち運びに便利な純正ポーチケース付属


< PR3 の主な特長>
[画像3: https://prtimes.jp/i/13943/399/resize/d13943-399-636640-6.jpg ]

・カーソルの形、大きさ、色を変更可能
・資料の一部を拡大して表示する拡大機能を搭載
・自分だけのカーソルを作成できるオリジナルアイコン機能
・クリック機能でリンクのオープン、動画再生が可能
・カーソルの移動速度、バイブレーションの強さを設定可能
・タイマー機能でプレゼンの時間管理が可能
・リチウムイオン充電池を採用。約40時間※2の連続使用が可能
・1分間で約3時間分の充電ができる高速充電
・USB レシーバーでの接続に加え、Bluetooth Low Energy 接続に対応
・軽量、スリムなボディーデザイン
・複数人での使用でも快適な抗菌仕様
・持ち運びに便利な純正ポーチケース付属

*1 1時間のうち、40分間レーザー機能を継続使用し(5秒ON/10秒OFF の繰り返し)さらにスライド送りを200回行った場合。
*2 1時間のうち、5分間カーソル移動を行い、さらにスライド送りを200回行った場合。

[画像4: https://prtimes.jp/i/13943/399/resize/d13943-399-184017-3.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る