• トップ
  • リリース
  • ラッシュのパフューム調香師たちのインスピレーションを垣間見る 新たな空間「The Perfume Library by Lush」が日本に登場

プレスリリース

株式会社ラッシュジャパン

ラッシュのパフューム調香師たちのインスピレーションを垣間見る 新たな空間「The Perfume Library by Lush」が日本に登場

(PR TIMES) 2019年06月01日(土)10時40分配信 PR TIMES


英国を拠点とし、世界48の国と地域でビジネスを展開する化粧品ブランドLUSH(ラッシュ)は、英国に位置する世界最大規模のショップ「LUSH リバプール店」で今年3月に初めて登場した「The Perfume Library by Lush」(パフュームライブラリー バイ ラッシュ、以下Perfume Library)を、世界で2店舗目として「LUSH 新宿店」に設けます。
「Perfume Library」は、限定のパフュームと、これまでラッシュの調香師たちが香りのインスピレーションにしてきた書籍の紹介を融合させた空間であり、お客様にラッシュの究極のパフューム体験を提供する新たな場所です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/6160/394/resize/d6160-394-920592-0.jpg ]

本件に関するリリースはこちらから
https://prtimes.jp/a/?f=d6160-20190531-7837.pdf


6月1日(土)のLUSH 新宿店のオープンに伴い登場する「Perfume Library」では、ラッシュの前身である「Cosmetics to Go(コスメティクス・トゥ・ゴー)」から現在に至るまでに販売された合計29種類ものパフュームを、定番のゴリラパフュームに加えたラインナップで販売します。これらのパフュームは、ラッシュの調香師たちが作りあげた香りに対する愛情と、ラッシュのパフュームが織り成した歴史が表現されています。Perfume Libraryでは歴代の名作ともいえるパフュームが年代順に並べられ、ラッシュが歩んできた調香の歴史をご覧いただけます。

さらに、パフュームと共に、共同創立者のマーク・コンスタンティンらが推薦するパフューマリーやエッセンシャルオイル、アロマテラピーなどに関する本のコレクションがこのスペースで販売されます。ラッシュにとって本はいつも重要な要素の一つであり、長い間、様々な本にインスパイアされた商品が生み出されてきました。これらの本は、今でもイギリスにあるラッシュの開発ラボの本棚に実際に並んでおり、パフューマリーについてのリサーチや教育の目的としても使われるだけではなく、本の販売を通じてお客様にもラッシュのパフュームの歴史や開発背景にある想いを知っていただくことを目的にしています。さらにLUSH 新宿店では、特に思い入れのある本にラッシュの調香師たちがそれぞれコメントを残したブックマークを挟んで展示しています。

「The Perfume Library by Lush」限定アイテム10種のみを先行販売
新旧織り交ぜた29種のフレグランスは、通常「Perfume Library」でのみ、100mlボトルで販売されますが、LUSH 新宿店のオープンを記念して、5月29日(水)より一部数量限定の先行発売をオンラインショップで開始しました。今回先行発売をする対象商品は、29種のうち9種のみを30mlのボトルで特別に取り揃えました。
これらのアイテムは、工場や家庭から出たごみのリサイクル素材(コーヒーカップをリサイクルしてできたものを含む)で作られたパフューム専用のボックスに入れてお渡しします。
https://jn.lush.com/products/lush-labs-1

■ゴールドレーベル


[画像2: https://prtimes.jp/i/6160/394/resize/d6160-394-887546-1.jpg ]


サラリウム ¥27,000 (税込)/100ml
「Cosmetics To Go」初期のパフューム 1989年リリース
ネロリ、ローズ、そして厳選した原材料をブレンドした、”塩”の価値にも値する至福の香り。荒々しい印象のベースノートを持ちながらも、心地よさが溢れ出すセクシーな香りがあなたを包み込みます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/6160/394/resize/d6160-394-454651-2.jpg ]

ヒマラヤ ¥14,200 (税込)/100ml
「Cosmetics To Go」1993年 リリース
ガーナのパーマカルチャー実践農家からリジェネレーティブな方法で仕入れたイランイランを使用。花々や酔わせるようなスパイス、それにムスクが加わり、爽やかで驚くほどもっと嗅ぎたくなる、うっとりするようなミックス。魅惑的な甘いノートを伴った、カンショウとイランイランから成る壮麗な樹脂のパフューム。
22222
[画像4: https://prtimes.jp/i/6160/394/resize/d6160-394-279468-3.jpg ]

パンジー ¥12,400 (税込)/100ml
「Cosmetics To Go」1993年リリース
太陽を感じさせるシトラス、大地のようなオークモスに、甘いラブダナムが心地よく香ります。思わずすり寄せたくなるようなこのフレグランスに、身を包みましょう。

[画像5: https://prtimes.jp/i/6160/394/resize/d6160-394-436272-4.jpg ]

V ¥12,400 (税込)/100ml
「ラッシュ」1995年 リリース
ガーナのパーマカルチャー農家からリジェネラティブな方法で仕入れたイランイランを使用。センシュアルなバイオレット、陰謀のひと欠片、一抹の人違い、それに大量のシャンパン。ゴシックなテイストをアクセントとした、繊細にフローラルが漂うフレグランスです。

[画像6: https://prtimes.jp/i/6160/394/resize/d6160-394-684955-5.jpg ]

ファンタビュロサ ¥14,200 (税込)/100ml
「Be Never Too Busy To Be Beautiful」
『レディボーイ』の名で2004年リリースバナナのように甘く香る洗練されたこのパフュームを、あなた自身のプライドと一緒に身に纏いましょう

[画像7: https://prtimes.jp/i/6160/394/resize/d6160-394-516706-6.jpg ]

ネバー エバー オーム ¥27,000 (税込)/100ml
「Be Never Too Busy To Be Beautiful」2004年リリース『OM』のリミックス版
お香やスパイシーな香りに満ちた賑やかなカムデンロックの街をパチョリ、トンカの香りで表現しました。喧騒の最中、熟した葡萄のような深い香りが嵐の前の静けさのように漂ってきます。

[画像8: https://prtimes.jp/i/6160/394/resize/d6160-394-484372-7.jpg ]


ヘア ドレッサーズ ハズバンド ¥14,200 (税込)/100ml
「ラッシュ」2010年 ゴリラ・ギャラリーの限定パフューム限定リリースオレンジ、グレープフルーツ、トンカをブレンドした香りは、ヘアスプレーやシャンプーの匂いが絡みあう、心地よいヘアサロンを思い起こさせます。美味しそうな香りにつられて、パフュームをグラスに注いで口にしてはいけませんよ。

[画像9: https://prtimes.jp/i/6160/394/resize/d6160-394-981230-8.jpg ]

SOS ¥14,200 (税込)/100ml
「ラッシュ」『オラウータンソープ』と『SOSシャンプーバー』と同系統の香り
パチョリとブラジリアンオレンジのブレンドは、怖れを知らない人のためのワイルドでアンダーグラウンドな香り。辛い時でも乗り越えられそうな、ジューシーで活気あるノートです。

[画像10: https://prtimes.jp/i/6160/394/resize/d6160-394-239433-9.jpg ]

ジャンク ¥12,400 (税込)/100ml
調香師エマ・ディックが作った初めてのラグジュアリーフレグランス
ダイヤモンドを質屋に入れても、ガラクタになるわけではありません。レモン、ローズマリー、セージをブレンドして、フレッシュでハーバルなパフュームが生まれました。刹那に消えてしまうものではなく、味わい深いパフュームです。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る