• トップ
  • リリース
  • 平成最後の「みうらじゅん賞」はクリスマスに発表!みうらじゅんが今年気になったものを独断で選ぶ『輝け!第21回みうらじゅん賞』の独占無料配信が「GYAO!」で決定!

プレスリリース

  • 記事画像1

平成最後の「みうらじゅん賞」はクリスマスに発表!みうらじゅんが今年気になったものを独断で選ぶ『輝け!第21回みうらじゅん賞』の独占無料配信が「GYAO!」で決定!

(PR TIMES) 2018年12月20日(木)15時40分配信 PR TIMES


 
[画像: https://prtimes.jp/i/8260/393/resize/d8260-393-202509-0.jpg ]

 株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する動画配信サービス「GYAO!」は、『輝け!第21回みうらじゅん賞』を12月25日(火)18時より独占無料配信することが決定いたしました。
「みうらじゅん賞」は、漫画家・イラストレーターのみうらじゅんさんが主催し、みうらじゅんさん独断で、今年を飾るのにふさわしい人やものを選考し、対象となった人やものに贈呈される賞です。昨年発表された第20回では、20回という節目を迎えたこともあり、第8回の受賞者であるタレントのジャガーさんがゲストで登場し、歌を披露するなど会場を沸かせました。注目すべき『第20回みうらじゅん賞』は俳優の船越英一郎さんや運慶、冷蔵庫に貼るマグネット“冷マ”など5つが選ばれました。今年は誰が受賞するのか、平成最後となる記念すべき第21回の発表の瞬間をぜひ「GYAO!」でお楽しみください。

<『輝け!第21回みうらじゅん賞』概要>
イベント名 :『輝け!第21回みうらじゅん賞』
展開期間    :2018年12月25日(火)18時より配信。
特設サイトURL: https://gyao.yahoo.co.jp/special/miuraaward/
出演     :みうらじゅん、安齋肇

<歴代受賞者(敬称略)>
第1回(1994年) :杉作J太郎、中野まり子、カーツ佐藤、いとうせいこう
第2回(1995年) :薮下秀樹、泉晴紀、泉麻人、田口トモロヲ
第3回(1996年) :金子修介、樋口真嗣、町山智浩、水野晴郎、安斎肇、山田五郎
第4回(1997年) :宮本浩次、吉田照美、喜国雅彦、谷ナオミ、松崎しげる、水道橋博士
第5回(1998年) :スターシップ・トゥルーパーズ、ミスターマッスル、野坂昭如、ヤセの断崖、池田貴族
第6回(1999年) :遠藤賢司、久住昌之、ジョージ・ルーカス、優香、ニャンまげ
第7回(2000年) :ケビン・ベーコン、野沢直子、井上陽水、小林よしのり、叶姉妹
第8回(2005年) :熊田曜子、井筒和幸、猫ひろし、リリー・フランキー、峯田和伸、
          ジャガー、リチャード・ギア
第9回(2006年) :高見沢俊彦、スチャダラパー、高田純次、サミュエル・L・ジャクソ ン、
          二本松の菊人形、大竹伸朗、ギャル曽根
第10回(2007年):SAM(TRF)、俺たちフィギュアスケーター、黒川晃彦、入水鍾乳洞、田村正和、
          ポッチャリ王子、キヨーレオピン
第11回(2008年) :せんとくん、笑福亭鶴光、人間椅子、高田文夫、根本敬、中井貴一
第12回(2009年) :チョー、ポール・スミス、色即ぜねれいしょん、松本清張、ビーグル38
第13回(2010年):水嶋ヒロ、ダニー・トレホ、YO-KING、風間ゆみ、太田章、松久淳
第14回(2011年):野口健、前野健太、わさお、ピンク・フロイド、ミゲル
第15回(2012年):川勝正幸、ドン小西、糸井重里、壇蜜、オリエント工業
第16回(2013年):タモリ、宮藤官九郎、土門拳、真如海上人、ねぎしのしろ4
第17回(2014年):楳図かずお、小谷元彦、橋本マナミ、渡辺祐、リーアム・ニーソン
第18回(2015年):平田一式飾、松本人志、三浦憲治、マッドマックス 怒りのデス・ロード、GLIM SPANKY
第19回(2016年):安住紳一郎、Since1624、月船さらら、御陣乗太鼓、ボブ・ディラン
第20回(2017年):船越英一郎、伊集院光、運慶、川上ゆう、冷マ

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る