プレスリリース

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

ヘネシー カクテルコンペティション 2019 優勝者決定!

(PR TIMES) 2019年08月08日(木)19時40分配信 PR TIMES

2019年7月28日ファイナルイベント開催

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)は、2019年7月28日(日)に品川プリンスホテル DINING & BAR TABLE 9 TOKYOにて、「ヘネシー カクテルコンペティション 2019」を開催いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/6986/391/resize/d6986-391-909847-1.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/6986/391/resize/d6986-391-108038-0.jpg ]

1765年に創業してから250年以上の歴史を持ち、世界で最も愛されるコニャックとして存在感を発揮し続けるヘネシー。ヘネシーが持つリッチでパワフル、かつ極めて滑らかな味わいを活かしたカクテルを創作し、競い合う「ヘネシー カクテルコンペティション 2019」は、今年で第4回目を開催しました。

本年は「ヘネシー V.S」および「ヘネシー X.O」のそれぞれのカクテルの創作を競い合う新しい形として実施しました。ヘネシー V.Sとヘネシー X.Oの味わいや特性を引き出し、魅力的なカクテルを創り出すセンスをネーミングや見栄え、創作意図などについて、多角的に審査し、それぞれの部門の優勝者が選出されました。
また、総合司会として迎えたフリーアナウンサーの高橋真麻さんは、「カクテルの一杯一杯に創る方の想いが込められたメッセージがあり、本当に素敵ですね。」と20名のファイナリストにエールを贈りました。

グランドチャンピオンおよびヘネシー X.O部門を優勝したThe Bar TopNote(広島県)の野間真吾さんは「ストレートで飲んでもおいしいコニャックを、いかにその特徴を壊さずに活かすことができるかを一番に考えた」とヘネシー X.Oでつくったカクテルについてのこだわりを語りました。
グランドチャンピオンの野間真吾さんとヘネシー V.S部門で優勝したBar 柿沼(東京都)の柿沼辰弥さんは副賞として、フランス、コニャックにあるメゾンヘネシーへご招待の予定です。柿沼辰弥さんはヘネシーブランドへの興味がより強まり、「ヘネシーをつくっている現場をぜひ見たい」と意気込みを見せていました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/6986/391/resize/d6986-391-510386-11.png ]


ヘネシー カクテルコンペティション 2019グランドチャンピオンおよび、各部門優勝者

【グランドチャンピオン、ヘネシー X.O部門優勝】野間真吾さん(広島県)
[画像4: https://prtimes.jp/i/6986/391/resize/d6986-391-857965-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/6986/391/resize/d6986-391-914084-5.jpg ]

店名:     The Bar TopNote
カクテル名:  Time with Elegance
創作意図:   あたたかな灯りの中、気に入りのロッキングチェアに身を委ね、大切な想い出たちをなぞる。その傍らには甘やかな一杯。芳醇な香りが寄り添う優雅なひとときを演出しました。
カクテル材料: ヘネシー X.O、ハーブリキュール、生クリーム、自家製バニラミントシロップ、自家製紅茶ビターズ

【ヘネシー V.S部門優勝】柿沼辰弥さん(東京都)

[画像6: https://prtimes.jp/i/6986/391/resize/d6986-391-937444-6.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/6986/391/resize/d6986-391-658566-7.jpg ]



店名:     Bar 柿沼
カクテル名:  Euphoria
創作意図:   「ユーフォリア」それは、上質を味わい至福の時を過ごす幸福感の極み。今宵、ヘネシーの心地良い多彩なアロマに包まれて。
カクテル材料: ヘネシー V.S、テイラーファインルビー、バナナシロップ、チョコレートドリンク、コーヒービターズ

ヘネシー X.O部門ファイナリスト

[画像8: https://prtimes.jp/i/6986/391/resize/d6986-391-821717-12.png ]

ヘネシー V.S部門ファイナリスト

[画像9: https://prtimes.jp/i/6986/391/resize/d6986-391-507614-13.png ]

ヘネシー カクテルコンペティション 2019審査員、司会

[画像10: https://prtimes.jp/i/6986/391/resize/d6986-391-712748-14.png ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/6986/391/resize/d6986-391-800923-16.jpg ]

へネシー V.S
芳醇なスパイスとフルーツの芳香を思わせるアロマは、フルーティーな香りとデリケートなバニラのニュアンスでさらに強調され、飲む人に力強さと心地よい調和を感じさせます。滑らかにして複雑。ヘネシー V.Sならではのエレガントで活き活きとした味わいは、力強いコニャックのシンボルとも言えます。

へネシー X.O
[画像12: https://prtimes.jp/i/6986/391/resize/d6986-391-572973-15.jpg ]

1870年、世界で初めて“eXtraOld”の名が与えられた伝説的なコニャック、ヘネシー X.O。その起源は、ヘネシー家がごく親しい家族や友人のために秘蔵してきた年代物のオー・ド・ヴィーを、三代目当主モーリス・ヘネシーが特別にブレンドしたことに始まります。1947年には、ヘネシー家直系のジェラルド・ド・ジョオフルが、ブドウの房をモチーフとした現在のボトルをデザイン。コニャック地方上位4地区の畑から収穫されたブドウのみで造られた約100種類のオー・ド・ヴィー(原酒)がブレンドされ、リッチでパワフル、かつ極めて滑らかなスタイルが特徴です。
ヘネシー
1765年、リチャード・ヘネシーが自らの名を冠した比類なきコニャックを世に送り出して以来、彼の妥協なき技術と情熱は8世代にわたって脈々とヘネシー家に受け継がれてきました。厳選された畑のブドウによるオー・ド・ヴィー(原酒)のみを使用し、世界最大35万樽以上に及ぶ貯蔵量の中から最高の相性のブレンドを見つけ出す。こうしたヘネシーのこだわりは長い時の中で究極の味わいへと進化し、世界で最も愛飲されているコニャックとして人々を魅了してきました。日本においても、1868年に初めて輸入されて以来、そのプレステージの高さは別格の存在感を示し続けています。

ヘネシーWEB https://www.mhdkk.com/hennessy/
ヘネシー カクテルコンペティション 2019 公式ページ
https://www.mhdkk.com/hennessy/cc19



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る