• トップ
  • リリース
  • 「GYAO!ストア」にてチェ・スヨン(元・少女時代)×オン・ジュワン主演でおくる大人気の韓国ドラマ『今日、妻やめます〜偽りの家族〜』の先行配信が決定!〜女たちの反乱が今始まる!〜

プレスリリース

  • 記事画像1

「GYAO!ストア」にてチェ・スヨン(元・少女時代)×オン・ジュワン主演でおくる大人気の韓国ドラマ『今日、妻やめます〜偽りの家族〜』の先行配信が決定!〜女たちの反乱が今始まる!〜

(PR TIMES) 2018年12月05日(水)17時40分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/8260/385/resize/d8260-385-919230-0.jpg ]

株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して提供する動画配信サービス「GYAO!」では、『今日、妻やめます〜偽りの家族〜』(原題:『お膳立てする男』)を12月5日(水)より「GYAO!ストア」で2週間先行配信で販売を開始いたします。本作品は、元・少女時代チェ・スヨン、イケメン俳優オン・ジュワンが主演を飾り、韓国で高視聴率を記録し、話題を呼んだ韓国王道の愛憎劇です。
今話題の卒婚をはじめ、離婚、悪縁、夫婦・家族間の葛藤、出生の秘密など、韓ドラ要素をまるごとつめこみ、『愛情万々歳〜ブラボー! マイ・ラブ〜』や『百年の遺産-ククスがむすぶ愛-』、『伝説の魔女〜愛を届けるベーカリー』など高視聴率の大ヒット作を手掛けた演出家チュ・ソンウと、2015年に壮絶な女の生きざまを描いた『女王の花』で注目を集めた脚本家パク・ヒョンジュが『愛情万々歳〜ブラボー! マイ・ラブ〜』以来6年ぶりに再びタッグを組んだ作品です。
『私の人生の春の日』や『元カレは天才詐欺師~38師機動隊~』で抜群の表現力と安定した演技力を披露し、女優としても活躍中のガールズグループ少女時代出身のチェ・スヨンが父親シンモからのプレッシャーから逃げ出し自分の人生を生きたいと願う女性主人公イ・ルリ役を熱演しています。そのほか、ルリとラブラインを繰り広げるチョン・テヤン役には、『パンチ〜余命6ヶ月の奇跡〜』や『野獣の美女コンシム』などの人気ドラマに出演し、幅広い層から支持されているオン・ジュワンがキャスティングされています。劇中、ルリとテヤンが出会い、“結婚”に至るまでさまざまな困難に立ち向かう姿は、多くの若者たちの共感を呼びました。

〈作品概要〉
■タイトル :『今日、妻やめます〜偽りの家族〜』(全70話)
■サイトURL :
※韓国語音声、日本語字幕にてお届けいたします。
■各話配信開始日:
第 1話〜第14話 2018年12月 5日発売
第15話〜第28話 2019年 1月 9日発売
第29話〜第42話 2019年 2月 6日発売
第43話〜第56話 2019年 3月13日発売
第57話〜第70話 2019年 4月 3日発売
■視聴料金:
単話パック 300円(各1話ごと)
そのほかお得な複数話パックや全話パックも販売いたします。
※第1話は無料配信でご覧いただけます。
■配信期間:
■ストーリー:ルリ(チェ・スヨン(元・少女時代))の父シンモ(キム・ガプス)は、成功志向で失敗を許さない厳しい性格のため幼いころから厳しく接し、ルリも優秀な兄ソウォン(パク・チヌ)と比べられながらもシンモの期待に応えようと必死に努力してきた。ある日、ルリは入社試験会場に向かう途中の地下鉄で痴漢に遭ったと勘違いし、犯人呼ばわりされたテヤン(オン・ジュワン)は不運にもケガを負ってしまう。結局、入社試験に落ち、恋人の浮気現場にまで遭遇したルリは自殺を図ろうとするが…。一方、シンモの妻でありルリの母であるヨンヘ(キム・ミスク)は、シンモとはこれ以上一緒にいられないと考え、シンモの退職を機に“卒婚契約書”を差し出す。突然のヨンヘの申し出に驚くシンモだったが…。
■主なキャスト:
イ・ルリ役:チェ・スヨン
チョン・テヤン役:オン・ジュワン
イ・シンモ役:キム・ガプス
ホン・ヨンヘ役:キム・ミスク
コ・ジョンド役:シム・ヒョンタク
チョン・ファヨン役:イ・イルファ
イ・ソウォン役:パク・チヌ
ハ・ヨンジュ役:ソ・ヒョリム
■スタッフ
演出:チュ・ソンウ
脚本:パク・ヒョンジュ
■関連
GYAO!韓国ドラマ特集(https://gyao.yahoo.co.jp/special/koreandrama/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る