• トップ
  • リリース
  • タッチパネルディスプレイ搭載2Dメインユニットのフラッグシップモデルを新発売

プレスリリース

  • 記事画像1

パイオニア株式会社

タッチパネルディスプレイ搭載2Dメインユニットのフラッグシップモデルを新発売

(PR TIMES) 2017年05月19日(金)10時16分配信 PR TIMES

〜「Apple CarPlay」と「Android Auto TM」に対応〜


[画像: https://prtimes.jp/i/5670/371/resize/d5670-371-425835-0.jpg ]



パイオニアは、「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応したタッチパネル搭載ディスプレイオーディオ「FH-9300DVS」を発売します。本機は、iPhoneやAndroidスマートフォンと接続するだけで、「Apple CarPlay」や「Android Auto」を車載機のディスプレイに表示して操作することが可能です※1。また、ハイレゾ音源のダウンサンプリング再生や、フルHD画質の動画再生など幅広いファイル・フォーマットに対応しました。さらに、高音質パーツを採用し、独自のノウハウに基づいた音質チューニングを施すことで高音質再生を実現するとともに、さまざまな音質、音場調整機能も搭載しています。

1) iPhoneを車内で快適に操作できる「Apple CarPlay」に対応
「Apple CarPlay」に対応しており、「マップ」「電話」「メッセージ」「ミュージック」などの機能を車載機のディスプレイに表示し、タッチパネルやSiriによる音声で簡単に操作できます。※1、※2

2) Androidスマートフォンを車内で快適に操作できる「Android Auto」に対応
「Android Auto」に対応しており、「Googleマップ TM」「電話/メッセージ」「音楽」など、ドライブに便利な機能を車載機のディスプレイに表示し、タッチパネルや音声認識機能で簡単に操作できます。※1、※2、※3

3) ハイレゾ音源やフルHD画質の動画など、幅広いファイル・フォーマットに対応
ハイレゾ音源のダウンサンプリング再生※4や、フルHD画質(1980×1080p)の動画再生など、ファイル・フォーマットへの対応力を強化しています。また、USBデバイスだけでなくポータブルHDD※5との接続が可能になり、大容量の動画や音楽データを車室内に持ち込んで楽しむことができます。

4) 充実したオーディオ能力
「フルカスタム高性能48bitデュアルコアDSP」など、厳選された高音質パーツを搭載し、独自のノウハウに基づいた音質チューニングを施すことで、高音質再生を実現しています。さらに、車室内で最適な音場を創り出す「タイムアライメント」「ネットワークモード」や、音質を細かく調整できる「13バンドグラフィックイコライザー」などの機能を搭載しています。

5)その他の特長
・バックカメラ接続時にガイド線の表示が可能
・高画質再生を実現する「ブリリアントフィニッシュパネル」を採用
・専用リモコン付属
・消費電力を0.1W以下(通電、ソースオフ、ディスプレイオフ時)に抑えた省エネ設計

※1 「Apple CarPlay」「Android Auto」を利用するには別売のケーブルが必要です。
※2 適合スマートフォンなどの詳細は、弊社ホームページ(http://carrozzeria.jp)をご確認ください。
※3 事前にアプリケーションをダウンロードする必要があります。
※4 FLACファイルで192kbps/24bitまで対応。44.1kHz16bitにダウンサンプリングして再生。
※5 FAT16、FAT32、NTFSのファイルシステムの機器に対応。

* iPod、iTunes、およびSiriは、米国およびその他の国で登録されているApple Inc.の商標または登録商標です。
* iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
* Bluetooth(R)は、米国Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。
* DivX(R)およびそれらの関連ロゴはDivX Inc.の登録商標です。
* Android AutoはGoogle Inc.の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る