• トップ
  • リリース
  • ライフネット生命保険 LGBTに関する取り組みが評価され、最高評価の「ゴールド」受賞および全体の「ベストプラクティス」として選定

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

ライフネット生命保険株式会社

ライフネット生命保険 LGBTに関する取り組みが評価され、最高評価の「ゴールド」受賞および全体の「ベストプラクティス」として選定

(PR TIMES) 2016年10月27日(木)15時54分配信 PR TIMES

http://www.lifenet-seimei.co.jp/newsrelease/2016/6489.html


 
[画像1: http://prtimes.jp/i/1163/368/resize/d1163-368-832695-0.jpg ]

 ライフネット生命保険株式会社(URL:http://www.lifenet-seimei.co.jp/ 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩瀬大輔)は、work with Pride(ワーク・ウィズ・プライド、以下「wwP」)が主催する、企業や団体のLGBT*1などの性的マイノリティに関する取り組みを評価する日本初の指標『PRIDE指標2016』において、最高評価である「ゴールド」を獲得し、さらに応募企業・団体の取り組みの中から特に優れた事例として「ベストプラクティス」に選定されたことをお知らせします。

 『PRIDE指標』は、企業等の枠組みを超えてLGBTが働きやすい職場づくりを日本で実現することを目的に策定された指標であり、「Policy(行動宣言)」「Representation(当事者コミュニティ)」「Inspiration(啓発活動)」「Development(人事制度・プログラム)」「Engagement(社会貢献・渉外活動)」の5つの指標について評価が行われ、獲得点数によって「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」の表彰が行われました*2。

 当社は5点満点である「ゴールド」の評価を獲得するとともに、当社のLGBTに関する児童向けの書籍を公立図書館等へ寄贈する「レインボーフォトプロジェクト」が、特に優れた取り組みであるとの評価を受け、各指標全体を通じての「ベストプラクティス」に選定されました。


■応募した82企業・団体中、各指標全体の「ベストプラクティス」に選定
 応募82企業・団体中、当社の「レインボーフォトプロジェクト」は各指標全体の「ベストプラクティス」に選定され、受賞式当日は社長の岩瀬が代表でスピーチを行いました。
[画像2: http://prtimes.jp/i/1163/368/resize/d1163-368-316533-1.jpg ]


選定委員コメント:
「各指標全体を通してのベストプラクティスは、ライフネット生命保険株式会社の取り組みに決まりました。性的マイノリティについて社会の理解を促進するための次世代教育支援として素晴らしい取り組みであるという点で、選定いたしました」


■「レインボーフォトプロジェクト」とは
 ベストプラクティスに選定された、「レインボーフォトプロジェクト」とは、LGBT関連イベントで当社が出展するフォトブースで写真撮影いただくと、写真1枚あたり100円を活動資金として当社が積み立て、その資金を元に、当社の取り組みが事例として掲載されているLGBT児童書「もっと知りたい!話したい!セクシュアルマイノリティ ありのままのきみがいい」(日高庸晴著)を購入し、全国各地の図書館に寄贈する活動です。
 当社は、2016年の「東京レインボープライド」、「ピンクドット沖縄」、「名古屋・虹色どまんなかパレード」、大阪の「レインボーフェスタ!」、「横浜ダイバーシティーパレード」にて本プロジェクトを実行した結果、累計705枚(約1700人の皆さま)に写真撮影をいただいています。今後もイベントに参加し、その成果を元に、寄贈を継続していく予定です。
[画像3: http://prtimes.jp/i/1163/368/resize/d1163-368-958460-2.jpg ]



■レインボーフォトプロジェクトを開始した経緯
 当社は、昨年11月4日より、死亡保険金の受取人の指定範囲を拡大し、異性間の事実婚に準じる「同性のパートナー」を受取人に指定可能とする取り扱いを開始しました。開始後は、当事者や当社ご契約者から『サービスを開始したと知って感動した』『受取人を同性パートナーに変えたい』『当事者ではないが、ライフネット生命に加入していることを嬉しく思う』といったお声を多数いただきました。
 予想以上の反響をいただき、本テーマの関心の高さを伺うことができました。以降、全国各地の皆さまに当社の施策を直接知っていただく機会として、LGBT関連イベントに参加し、レインボーフォトプロジェクトを実施しています。
 当社は今後も多様な生き方を尊重し、生命保険を必要とされる方に必要な保障をお届けしていくとともに、本プロジェクトを継続していきます。


*1 レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー(性同一性障がいなど)の性的マイノリティの方を指す言葉。
*2 指標詳細について http://www.workwithpride.jp/pride.html


work with Prideについて  URL: http://www.workwithpride.jp/index.html
work with Prideは、企業などの団体において、LGBT、すなわちレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーなどの性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体です。2012年に日本アイ・ビー・エム株式会社が、国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチと共同で日本でのLGBT従業者支援に関するセミナーを企画したことから始まり、後に、LGBT当事者が中心になって活動している認定特定非営利活動法人であるグッド・エイジング・エールズと特定非営利活動法人虹色ダイバーシティが加わりました。

ライフネット生命について  URL: http://www.lifenet-seimei.co.jp/
ライフネット生命保険は、相互扶助という生命保険の原点に戻り、「正直に経営し、わかりやすく、安くて便利な商品・サービスの提供を追求する」という理念のもとに設立された、インターネットを主な販売チャネルとする新しいスタイルの生命保険会社です。インターネットの活用により、高い価格競争力と24時間いつでも申し込み可能な利便性を両立しました。徹底した情報開示やメール・電話・対面での保険相談などを通じて、お客さまに「比較し、理解し、納得して」ご契約いただく透明性の高い生命保険の選び方を推奨し、「生命(いのち)のきずな=ライフネット」を世の中に広げていきたいと考えています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る