プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

アディダス ジャパン株式会社

染めないカラーによる心地よさ Z.N.E. ZERO-DYE

(PR TIMES) 2017年04月21日(金)11時44分配信 PR TIMES

素材本来の風合いを生かした作りで、大事な水資源を節約。真に重要なことに目を向けるために、無になれ。

http://shop.adidas.jp/athletics/zne/
[画像1: https://prtimes.jp/i/3301/367/resize/d3301-367-391171-7.jpg ]

アディダス「ATHLETICS」では、2017 年春夏シーズンのZ.N.E. シリーズのニューモデルとして、 「Z.N.E. ZERO-DYE( Z.N.E. ゼロ- ダイ)」を発売いたしました。
「Z.N.E.」の商品名は、『 ZERO NEGATIVE ENERGY= アスリートが 雑念を振り払い、無になる。集中を促し、試合に向けZONE へと導く。』 という商品開発コンセプトに基づいています。
「Z.N.E. ZERO-DYE」 は、精神統一しながら新たな目標に挑むアスリートに向け、外部から遮断した状態を保つため大き目のフードにダブル・レイヤード構造を採用した「Z.N.E.」ならではの特徴はそのままに、アスリートが口にする「水」を大切にするという環境への配慮から、水を節約する無染色テクノロジーを採用。 生地に対して染色を行わず、素材本来の風合いを生かした作りとなっています。
「Z.N.E. ZERO-DYE」 はメンズモデル、ウィメンズモデルを展開。アディダス直営店、アディダス オンラインショップ(http://shop.adidas.jp/athletics/zne/)、一部のアディダス取扱店にて2017 年4 月19 日より発売となりました。
※店舗により一部取り扱いのない店舗もございます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/3301/367/resize/d3301-367-830718-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/3301/367/resize/d3301-367-571100-5.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/3301/367/resize/d3301-367-901303-1.jpg ]

■MEN’S MODEL

[画像5: https://prtimes.jp/i/3301/367/resize/d3301-367-163551-2.jpg ]

M adidas Z.N.E.
ショートスリーブフーディー
ZERO-DYE
¥11,000 + 税
サイズ / XS, S, M, L, O, XO, 2XO
商品番号BK2423 / NON-DYED
[画像6: https://prtimes.jp/i/3301/367/resize/d3301-367-344007-6.jpg ]

M adidas Z.N.E.
ショーツ ZERO-DYE
¥7,990 + 税
サイズ / XS, S, M, L, O, XO, 2XO
商品番号BK2432 / NON-DYED

■WOMEN’S MODEL

[画像7: https://prtimes.jp/i/3301/367/resize/d3301-367-409258-3.jpg ]

W adidas Z.N.E.
ショートスリーブフーディー ZERO-DYE
¥9,990 + 税
サイズ / S, M, L, OT
商品番号BK2642 / NON-DYED

[画像8: https://prtimes.jp/i/3301/367/resize/d3301-367-831815-4.jpg ]

W adidas Z.N.E.
ショーツ ZERO-DYE
¥6,990 + 税
サイズ / S, M, L, OT
商品番号BK2663 / NON-DYED

[画像9: https://prtimes.jp/i/3301/367/resize/d3301-367-620603-8.jpg ]


ーADIDAS ATHLETICSー
「ADIDAS ATHLETICS(アディダス アスレチクス)」の使命とは、我々アディダスにとっての象徴であるスポーツに新たな価値、革命をもたらしていくことにあります。
「ADIDAS ATHLETICS」が表現していくのは、アスリートにとって大切なプレー前の集中するシーンやプレーの集中から解放されたシーン。語られることのなかったアスリートのスポーツに対する姿勢や思いに焦点を当て、印象的かつ新鮮な視点で表現していきます。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る