• トップ
  • リリース
  • 貸し借りにまつわる魅力を紹介する書籍『#カリグラシ 賃貸と団地、貸し借りのニュー哲学』3月1日発売!

プレスリリース

  • 記事画像1

貸し借りにまつわる魅力を紹介する書籍『#カリグラシ 賃貸と団地、貸し借りのニュー哲学』3月1日発売!

(PR TIMES) 2017年02月08日(水)13時36分配信 PR TIMES

UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)が手がける、貸し借りにまつわる生活をさまざまな角度から紹介するウェブサイト「OURS.KARIGURASHI MAGAZINE」が1冊の本になりました。「借りて暮らす」ことの多様性やその面白さ、魅力をまとめた書籍『#カリグラシ 賃貸と団地、貸し借りのニュー哲学』、3月1日に発売です。
[画像: https://prtimes.jp/i/11710/363/resize/d11710-363-742753-0.jpg ]

貸し借りにまつわる魅力を紹介するウェブサイト「OURS.KARIGURASHI MAGAZINE」が1冊に。
書籍『#カリグラシ賃貸と団地、貸し借りのニュー哲学』(ぴあ株式会社)が3月1日に発売です。

貸し借りにまつわる生活をさまざまな角度から紹介するウェブサイト「OURS.KARIGURASHI MAGAZINE」が1冊の本になりました。「借りて暮らす」ことの多様性やその面白さ、魅力をまとめた書籍『#カリグラシ 賃貸と団地、貸し借りのニュー哲学』、3月1日に発売です。

「住み開き」を提唱するアーティスト/文化活動家のアサダワタルさん、木造アパートを舞台にそこに代々住む人々を描いた小説『三の隣は五号室』を上梓した作家の長嶋有さん、神戸の自宅をスタジオとして活動するミュージシャンのtofubeatsさんほか、さまざまなジャンルの著名人が語る「私の借り暮らし考」のほか、濱田英明さん、糸川燿史さん、AOKI takamasaさん、マメイケダさんら気鋭の写真家・イラストレーター・アーティストたちが切り取る、魅力的な団地の姿。さらに作家の藤野可織さんや、ミュージシャンのSHINGO★西成さんによる街の観察などなど、「借り暮らし」にまつわる内容が盛りだくさん。

賃貸生活や団地暮らしにかかわらず、「貸すこと」「借りること」の面白さや、その可能性を紹介する1冊。今とこれからの暮らしを改めて考えるためのヒントが詰まった内容となっています。

http://kansai.pia.co.jp/news/art/2017-02/post-208.html

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る