• トップ
  • リリース
  • YKK APアメリカ社、カナダのカーテンウォールメーカーの全株式を取得

プレスリリース

YKK APアメリカ社、カナダのカーテンウォールメーカーの全株式を取得

(PR TIMES) 2019年12月10日(火)14時15分配信 PR TIMES

〜米国でのビル用アルミ建材事業を拡大〜

YKK APの現地法人であるYKK APアメリカ社は、カナダの高性能カーテンウォールメーカー「Erie Architectural Products Group」の発行済み全株式を取得したことをお知らせします。
YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)の現地法人であるYKK APアメリカ社(米国ジョージア州、社長:Oliver Stepe)は、カナダの高性能カーテンウォールメーカー「Erie Architectural Products Group(以下、エリーAP社)」の発行済み全株式を取得したことをお知らせします。この取得により、YKK APアメリカ社は近年の米国建築市場で求められる工期短縮と熟練労働者不足に対し有効な、ユニットカーテンウォールの技術を活用することで、米国での事業をさらに拡大していきます。

エリーAP社は、カナダ オンタリオ州を拠点に、建築外装に使用されるカーテンウォールの製造、組み立て、デザイン・エンジニアリングを行う会社です。主に、米国でビジネスを展開し、特に建築外装用のユニットカーテンウォールの分野で実績をあげています。

YKK APアメリカ社は、1991年に設立し、アルミ建材の一貫生産工場を立ち上げ、2007年には住宅用樹脂窓の本格販売を開始。YKK APの海外事業中核拠点として、ビル用アルミ建材、住宅用樹脂窓等を販売しています。

<YKK APアメリカ社社長 オリバー・ステピのコメント>
「私たちは、エリーAP社のサプライヤーとして10年にわたる関係を続けてきました。その中で、顧客と従業員を大切にする企業姿勢の点で、同じ価値観を共有できると考えています。ビル用建材事業では、組み立て済み製品であるユニットカーテンウォールの提供を拡大する必要があることは明らかでした。エリーAP社をYKK AP傘下に置くことで、私たちはユニット化された製品に対する市場の需要の高まりにこたえることができます。エリーAP社の市場での地位を高め、お客様にさらなるサービスを提供できるようになります。この2つの素晴らしいブランドが一緒になることで、お互いを高めあっていくことを確信しています」
[画像1: https://prtimes.jp/i/6735/363/resize/d6735-363-109609-2.jpg ]



【Erie Architectural Products Group(エリーAP社)概要】(https://www.erieap.com/
<会社名>
Erie Architectural Products Inc.
<所在地>
477 Jutras Dr S, Lakeshore, ON N8N 5C4 Canada
<設立>
1981年
<社長>
Ron Stronks(ロン・ストロンクス)
<従業員数>
約250名
<売上高>
約57百万カナダドル(2018年度実績)
<事業内容>
ユニットカーテンウォールの設計・加工・組立 及び 販売
スティックカーテンウォール・ストアフロントのシステム販売
<出資>
YKK APアメリカ社
[画像2: https://prtimes.jp/i/6735/363/resize/d6735-363-651819-1.jpg ]


【YKK APアメリカ社 概要】(https://www.ykkap.com/
<会社名>
YKK APアメリカ社
<所在地>
本 社:ジョージア州アトランタ
工 場:ジョージア州ダブリン、メーコン、ダラス、シンシナティ
支 店:アトランタ、オーランド、ボルチモア、グリーンズボロ、シンシナティ、ダラス、ボストン、シカゴ、ヒューストン、サンフランシスコ
<設立>
1991年4月24日
<社長>
Oliver Stepe(オリバー・ステピ)
<従業員数>
947名 ※エリーAP社含まず
<売上高>
約260億円(2018年度実績)
<販売品目>
店舗用・集合住宅用・商業ビル用アルミ建材、カーテンウォール商品、住宅用樹脂窓



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る