• トップ
  • リリース
  • コンデナスト・ジャパン「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」オフィシャルメディアパートナーに決定!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

コンデナスト・ジャパン

コンデナスト・ジャパン「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」オフィシャルメディアパートナーに決定!

(PR TIMES) 2017年04月18日(火)11時22分配信 PR TIMES


マルチメディアカンパニーのコンデナスト・ジャパン(東京都渋谷区、社長兼職務執行者 北田淳)は、今年19回目の開催となる、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017(代表:別所哲也、以下SSFF & ASIA 2017、開催期間:6月1日〜6月25日)」のオフィシャルメディアパートナーとして協力することを決定いたしました。


[画像1: https://prtimes.jp/i/930/354/resize/d930-354-568971-2.jpg ]

開催期間中、コンデナスト・ジャパンが発行する雑誌 『VOGUE JAPAN』と『GQ JAPAN』の誌面で特集するほか、5月中旬には、『VOGUE JAPAN』と『GQ JAPAN』の公式ウェブサイト内にSSFF&ASIA 2017特設サイトがローンチする予定です。各サイトでは、スペシャルインタビュー映像や『VOGUE JAPAN』、『GQ JAPAN』がセレクトした映像など、多彩なコンテンツを展開してまいります。

『VOGUE JAPAN』、『VOGUE GIRL』、『VOGUE Wedding』、『GQ JAPAN』、『WIRED』日本版の5ブランドを展開するコンデナスト・ジャパンは、雑誌、ウェブサイト、SNS、電子雑誌のほか、「VOGUE Fashion’s Night Out」や「GQ Men of the Year」をはじめとするイベントなど、プラットフォームの垣根を越えてコンテンツを発信しています。2016年初頭からは、映像コンテンツの企画・制作・配信を行う新規映像事業部「Condé Nast Japan, Video Business」を立ち上げました。映画・映像文化の発展に寄与するため、2013年よりSSFF & ASIAのメディアパートナーとして参加しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/930/354/resize/d930-354-844873-0.jpg ]

コンデナスト・ジャパン社長兼職務執行者 北田淳コメント
「テクノロジーの発展により、飛び交う情報の種類・速度は驚くべき速さで変化しています。特に、映像コンテンツの拡大とニーズは益々高まり、このトレンドは、私たちの大切なビジネスパートナーであるラグジュアリーブランド各社においても、動画プロモーションを加速していることからも実感できます。弊社はデジタル・プラットフォームにおいても揺ぎないクオリティーのコンテンツを提供するため、いちはやく映像事業への投資を行ってきました。2013年から続くSSFF & ASIAとのパートナーシップを通じて、映画・映像の楽しさや豊かさをご紹介していくともに、コンデナスト・ジャパンならではの魅力を湛えた映像コンテンツの制作・配信、充実に努めてまいります。」

SSFF & ASIA代表 別所哲也コメント
「今年のSSFF & ASIAは『cinemaTIC! cinemaTEC!』をテーマに、シネマの普遍性とテクノロジーがもたらした映画・映像の未来に光をあてます。技術(テクノロジー)によって花開いた20世紀の映像文化。そこにある芸術性やシネマティックさに私たちは魅了されてきました。21世紀に入り、テクノロジーによって”シネマ”そのものの在り方も変化しました。例えばVRやドローンなど、アートやエンターテイメントそしてシネマを生み出すテクノロジーが、いまどうなっているのか、 “映像の未来地図”と言われるショートフィルムを通じて体験いただきたいと思います。オフィシャルメディアパートナーであり、ファッション・カルチャー・ライフスタイルの分野で先鋭的な情報を発信するコンデナスト・ジャパンとは、映画祭から見えてくる未来、映像が発信する情報を新たな切り口で世界に向けて伝えていきたいです。」

[画像3: https://prtimes.jp/i/930/354/resize/d930-354-548910-1.jpg ]


【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017 概要】
■開催期間:2017年6月1日(木)〜6月25日(日)
■上映会場:東京5会場、横浜1会場
<東京>表参道ヒルズ スペース オー/ラフォーレミュージアム原宿/アンダーズ 東京 Andaz Studio/iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ/恵比寿act*suare
<横浜>ブリリア ショートショート シアター
※開催期間は各会場によって異なります。 また、変更になる場合もございます。
■料金:無料上映。事前予約はチケット販売サイトPeatixにて受付。当日券もございます。 一部、有料イベントもございます。
■オフィシャルサイト:http://www.shortshorts.org
■主催:ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会
※VOGUE JAPAN(http://www.vogue.co.jp/)、GQ JAPAN(http://gqjapan.jp/)公式ウェブサイトにて、SSFF & ASIA 2017特設サイトを5月中旬公開予定。

本プレスリリースは次のリンクよりダウンロードいただけます。
https://prtimes.jp/a/?f=d930-20170417-2506.pdf

【コンデナスト・ジャパン:会社概要】
コンデナストは、米Advance Publicationsの一部門として、『VOGUE』『GQ』『WIRED』『Condé Nast Traveler』『Vanity Fair』などのメディア・ブランドを、世界29の国と地域で、141の雑誌と100以上のウェブサイト、200以上のタブレットならびにスマートフォン向けアプリとして、展開しています。媒体事業に加え、世界各国で実施している「VOGUE FASHION'S NIGHT OUT」「GQ Men of the Year」「WIRED CONFERENCE」、ロンドンで開講した「Condé Nast College of Fashion & Design」レストラン事業なども拡大を続けています。日本では、コンデナスト・ジャパンによって、1999年7月に創刊した『VOGUE JAPAN』をはじめ、『GQ JAPAN』『WIRED』『VOGUE GIRL』『VOGUE Wedding』などを手がけています。

【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア概要】
米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭。代表は俳優の別所哲也。1999年に東京・原宿で誕生し、これまでに延べ36万人を動員しています。初年度は映画『スターウォーズ』で有名なジョージ・ルーカス監督の学生時代のショートフィルムを6作品上映するなど注目を浴び、ルーカス監督からは、その後もご支援を頂いています。映画祭は、オフィシャルコンペティションをはじめ、「音楽」「環境」「CGアニメーション」など、様々なカテゴリーのプログラムで構成されており、グランプリ作品は、次年度のアカデミー賞短編部門のノミネート選考対象になります。SSFF & ASIA 2016グランプリ受賞作である『合唱』は、第89回米国アカデミー賞短編実写部門でオスカーを受賞致しました。世界に羽ばたく若きクリエイターをSSFF & ASIAは応援します。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る