• トップ
  • リリース
  • ジェイコム九州が崇城大学ならびにコンセプトラボと締結「地域社会発展のための包括的連携に関する基本協定」

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ジュピターテレコム

ジェイコム九州が崇城大学ならびにコンセプトラボと締結「地域社会発展のための包括的連携に関する基本協定」

(PR TIMES) 2017年05月11日(木)16時31分配信 PR TIMES

ー地域社会の発展と人材の育成に貢献ー

株式会社ジェイコム九州(所在地:福岡市中央区、代表取締役社長:徳田 瑞穂)は5月11日、崇城大学(所在地:熊本市西区、学長:中山 峰男)ならびに、コンセプトラボ株式会社(所在地:合志市、取締役会長:星合 隆成)と「地域社会発展のための包括的連携に関する基本 協定」を締結しましたのでお知らせします。
[画像: https://prtimes.jp/i/7676/353/resize/d7676-353-567513-0.jpg ]

この協定は、崇城大学ならびにコンセプトラボとジェイコム九州が包括的な連携のもと相互に協力し、地域社会の発展と人材の育成に寄与することと、崇城大学 星合教授が提唱する「地域コミュニティブランド理論(SCB理論)」※を用いた地域活性化・地域情報化・コミュニティビジネスの創発を推進することを目的としています。

この協定を基に、ジェイコム九州の熊本局(J:COM 熊本)において、コンセプトラボが運営する「崇城大学SCB放送局新市街スタジオ」の活用とともに、崇城大学及びコンセプトラボとの協業による番組を制作し、当社が提供するコミュニティチャンネル「J:COMチャンネル熊本」(地デジ10ch)において放送を行うなど地域の魅力発信および発展を図っていきます。

※「地域コミュニティブランド理論(SCB理論)」:崇城大学 星合隆成教授によって提唱された地域活性化・地域情報化、コミュニティビジネス創発のための新たな理論。共通的な基盤(インフラストラクチャー)となる「プラットフォーム」を提供し、地域に対しても標準化の考え方を導入し、それを全国に展開しようという試み。モノや組織をブランディングするのではなく、モノづくり・地域コミュニティづくりを通じて、その活動そのものをブランディングするもの。

◆今回の協定により、行政・地域・イベント情報等を放送するJ:COMチャンネルの概要は以下の通りです。
【放送チャンネル】 J:COMチャンネル熊本(地上デジタル10ch)
【視聴可能エリア】 J:COM 熊本サービスエリア(熊本市、合志市、上益城郡益城町、菊池郡菊陽町)
【視聴可能な世帯】 J:COMの回線が導入されている住宅(マンションやアパートを含む)であれば、J:COMの有料サービスへの加入の有無に関係なく、無料で視聴できます。

■J:COMチャンネルについて
J:COMチャンネルとは、J:COMが自主放送するコミュニティチャンネル(無料放送)です。地域のイベントやおすすめスポットなど生活に役立つ情報はもちろん、行政からのお知らせなど地域密着の情報を発信しています。J:COM有料サービスへの加入・未加入を問わず、J:COMのネットワークに接続されている世帯は地上デジタル11ch(熊本エリア:10ch)で視聴することができます。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る