• トップ
  • リリース
  • 浜松市と住友商事との海外工業団地に関する協定締結式を実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

住友商事株式会社

浜松市と住友商事との海外工業団地に関する協定締結式を実施

(PR TIMES) 2016年06月23日(木)15時53分配信 PR TIMES

浜松インダストリアルパーク入居企業への優遇措置

浜松市と住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村 邦晴、以下「住友商事」)および住友商事が運営・展開するベトナムの第2タンロン工業団地は、浜松市内企業のベトナムにおける事業展開を支援することを目的に、第2タンロン工業団地へ新規入居する市内企業に特化したサポートを導入することに合意し、6月22日に協定締結式を実施しました。
住友商事と浜松市は、浜松市主催の海外ビジネスミッションでの協力などを通じて、良好な関係を構築してきました。このたび、新たな取組みとして、第2タンロン工業団地内にレンタル工場「浜松インダストリアルパーク」を開設し、市内中小企業が入居する際の優遇措置を導入します。


締結式に出席した鈴木康友浜松市長は「海外で工場を建設するには大きな投資が必要であり、海外進出を検討するうえでの大きな障害となっている。今回の取り組みが、その障害を少しでも軽減するような支援となることを期待している。」と市内企業の海外進出に大きな期待を寄せています。


また、住友商事の福田康物流保険事業本部長は「今後、浜松市及び浜松市を拠点とする関係機関の方々との連携を深めながら、市内製造業の皆様の海外進出をサポートさせて頂きます」と語りました。


3者は今後もさらなる連携および協力を進め、製造業のベトナム進出をサポートして参ります。


■参考
(協定締結者)
(1) 浜松市
(2) 住友商事株式会社
(3) Thang Long Industrial Park II Corporation
(住友商事株式会社が92パーセント出資する第2タンロン工業団地の運営会社)

(優遇措置)
○ 対象団地
ベトナム・ハノイ近郊にある「第2タンロン工業団地」内のレンタル工場
○ 対象企業
浜松市内に本社又は製造拠点を有する法人
○ 措置内容
・工業団地入居時の管理費を1年間免除
・ベトナムでの現地法人設立手続きに要する費用の免除(翻訳費用等の実費は除く)

(その他の協定内容)
○ セミナー開催に係る連携・協力
○ 視察ミッションの実施に係る連携・協力

(第2タンロン工業団地概要)
(1)事業主体 : Thang Long Industrial Park II Corporation
(通称:TLIPII)
(2)出資比率 : 住友商事グループ92パーセント
(3)所在地 : ベトナム フンイエン省
(ハノイ市中心部から南東33キロメートル)
(4)開発面積 : 346ヘクタール超(第一期、第二期合計)
(5)入居企業数 : 58社(うち日系企業は56社)※2016年6月23日時点
(6)設立時期 : 2006年11月


(写真)
レンタル工場外観
[画像1: http://prtimes.jp/i/726/351/resize/d726-351-153088-1.jpg ]



締結式
[画像2: http://prtimes.jp/i/726/351/resize/d726-351-174200-2.jpg ]

左から、住友商事株式会社 物流保険事業本部長 福田康、浜松市長 鈴木康友、Thang Long Industrial Park II Corporation 会長 白石章人



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る