• トップ
  • リリース
  • レオパレスリゾート グアム所属の期待の若手プロゴルファー 今平 周吾プロが悲願のツアー初優勝

プレスリリース

  • 記事画像1

レオパレスリゾート グアム所属の期待の若手プロゴルファー 今平 周吾プロが悲願のツアー初優勝

(PR TIMES) 2017年05月23日(火)09時26分配信 PR TIMES

初日から最終日まで首位を譲らない完全優勝でツアー初勝利を飾る快挙を達成

株式会社レオパレス21(東京都中野区、社長:深山英世、以下レオパレス21)が、グアム島で運営する「レオパレスリゾート グアム」に所属する今平 周吾プロが、国内男子プロゴルフツアー「関西オープンゴルフ選手権」(5月18日〜21日、城陽カントリー倶楽部)で、ツアー初勝利を挙げました。なお初日から最終日まで、首位を守り続けての完全勝利&初優勝は、2009年の日本プロ選手権で、池田 勇太プロが達成して以来の快挙となります。
【今平プロのコメント】
==============================================================
いつも応援ありがとうございます。初優勝はもちろん嬉しいですが、今まで期待されながら勝てていなかったので、安心した気持ちも大きいです。まだ試合は続きますのでこの1勝で満足せず、複数回優勝を目指して頑張りますので、引き続き応援を宜しくお願いいたします。
==============================================================

レオパレス21は、グアム島で運営するレオパレスリゾート グアム内にレオパレスホテルを中心とする621室の宿泊施設と、グアム知事杯の開催コースとなっている36ホールの「レオパレスリゾートカントリークラブ」を運営する他、ミャンマーで開催されるミャンマーオープンに2年連続で協賛するなど、ゴルフ振興に注力しております。また、今平プロには、この2施設をシーズンオフの合宿先として活用していただいている他、ツアー中には、宿泊先として当社が国内で運営するレオパレスホテルズを利用していただいています。

レオパレス21では、今平プロの活動を今後も全面的にバックアップしていきます。

<今平 周吾プロ プロフィール>
【所属】レオパレスリゾート グアム
【生年月日】1992年 10 月 2 日
【出身】埼玉県
【身長】165cm
【賞金ランキング】4位 (※5月22日時点)
【略歴】
8歳でゴルフを初め、高校1年時に『日本ジュニア』で松山英樹選手との“最終組対決”を制して優勝した翌年、高校を中退して渡米。フロリダ州のIMGアカデミーで腕を磨き、帰国後2011年に19歳でプロ転向。14年のチャレンジトーナメントでは、2勝を挙げて賞金王に輝き、初めてツアーにフル参戦した15年は『セガサミーカップ』2位になるなどし、賞金ランク24位で見事シード獲得。2016年9月26日に株式会社レオパレス21と所属契約を締結。

【クラブセッティング】
[表: https://prtimes.jp/data/corp/5429/table/350_1.jpg ]



<試合経過>
最終日、初日から首位をキープし続けた今平プロは、スタートの1番ホールでいきなりダブルボギーを叩いてしまいます。しかし、2ホール目でバーディーを奪うと、その後は好調のパッティングで持ち直し、4バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの70で回り、2位に6打差となる通算9アンダーでツアー初優勝を成し遂げました。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る