プレスリリース

  • 記事画像1

FXトレード・フィナンシャル【FXTF】

2016年 12月 相場予測:鶴のヒトコエ

(PR TIMES) 2016年12月07日(水)13時29分配信 PR TIMES


FXTF(株式会社FXトレード・フィナンシャル 本社:東京都港区、代表取締役社長:鶴 泰治)は、元来外国為替ディーラーとして長らく市場と対峙してきた経験(1988~2008年)を基に、毎月相場予測をさせて頂いております。皆様の資産 運用の一助となれば幸甚です。

詳細についてはこちら:http://www.fxtrade.co.jp/market/hitokoe201612


[画像: http://prtimes.jp/i/3206/346/resize/d3206-346-957132-0.jpg ]



■■■トピック■■■


【ドル円相場予測】
方向感を探る、流動性が枯渇した値動きの早いかつ値幅の大きい展開に。
109〜115.50をコアレンジに上下レンジブレイクの可能性あり。

【ユーロ相場予測】
ユーロの下値を試す展開。1.05を下抜けし1.00(パリティ)が視野に。

■■■「マーケットはどう動く!?トレーダーの視点」コーナー■■■
弊社ディーリングルームの司令塔であるアナリスト君嶋 慶彦の相場予想も閲覧できます。


【ドル円の長期トレンドは円安転換か?】
11月の為替相場は、トランプ氏が米大統領に選ばれたことを受けて直後はドル安となったものの、その後は大規模な減税や公共投資といったトランプ氏の経済政策により、今後米経済が加速するとの期待から米長期金利が上昇、あわせてドル高が進み、ドル円は113.89円まで上昇、ユーロ・ドルは1.0515ドルまで下落する場面がありました。
今後のドル円相場ですが、減税や財政支出拡大という米経済政策の転換はその重要度、対象期間の長さから為替の長期トレンドの方向性を決定づける要因となる可能性が高く、そのためドル高はまだまだ続くと予想しています。米経済成長が続く限り、短期的な動向は別としてドル円は上昇していくのではないでしょうか。将来的には前回円安時の高値125.85円、日本の長期金利が現在のように0%付近が続く場合は130円や140円といった水準も見えてくると思います。ただし、ここまで不確実な未来に対して相当期待を織り込んで急上昇してきたことから、目先は109円〜114円で次の上昇にむけた足場固めの動きなると考えています。


ユーロ・ドルも上記理由によりユーロ安ドル高の動きを予想しています。ECBがテーパリングに動くまでは金利差拡大の方向にあるためドル高の流れが続き、来年にはパリティ(1ユーロ=1ドル)を割り込む可能性が高いと考えています。ただし、こちらも直近大きくドル高が進行して2015年の安値付近まで下落していることから、一旦は1.05ドル〜1.09ドルあたりでのレンジ相場に移行すると思います。



■FXトレード・フィナンシャル 最新ニュース
○FXTF提供のラジオ番組「トレードパーティ♪」がラジオNIKKEIで放送開始
 http://www.fxtrade.co.jp/market/media#to1


○FXTF MT4にGMMAチャートを導入&陳満咲杜の解説セミナー動画を公開。
 http://www.fxtrade.co.jp/page-255623


○MT4大口取引限定のキャッシュバックキャンペーン開催中
 http://www.fxtrade.co.jp/support/campaign/page-265798


■□■会社概要■□■
株式会社FXトレード・フィナンシャル
(FXTrade Financial Co., Ltd.)
〒108-0073 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F
資本金:3億5千万円 (2015年3月末現在)
代表電話番号: 03-4577-6777
FAX: 03-5765-6415
http://www.fxtrade.co.jp/corporate/info

■□■FXTFのソーシャルメディア
FXTF公式ブログ: http://www.fxtrade.co.jp/blogs
バイナリーオプション、MT4、ミラートレーダーの便利な使い方などの情報が満載。
FXTF公式Twitter(PR用):https://twitter.com/FXTF_PR
FXTF公式Facebook:https://www.facebook.com/fxtrade.co.jp
FXTF YouTube公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/fxtradefxtf
FXTF ライン公式アカウント:https://line.me/R/ti/p/%40nnl4524t

■□■リスク警告 / 免責事項
・投資判断にあたり参考となる情報の提供を目的としており、金融商品の売買を勧めるものではありません。投資の最終的な判断はお客様ご自身の責任でされるようお願いいたします。
・当社が信頼できると判断した情報を掲載しておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。ご提供する情報を利用につき生じた何らかのトラブルや損失・損害等につきましては、当社及びブログ執筆者は一切責任を負うものではありません。
・ご提供する情報の著作権は、当社又はブログ執筆者で帰属します。許諾なく、コンテンツを翻案、公衆送信等いかなる目的、態様においても利用することはできません。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る