• トップ
  • リリース
  • J:COM 仙台キャベツが富谷市と「防災行政無線放送内容の再送信に関する協定」を締結 宮城県富谷市の防災行政無線の放送内容をJ:COMの「防災情報サービス」で10月1日から配信開始 

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社ジュピターテレコム

J:COM 仙台キャベツが富谷市と「防災行政無線放送内容の再送信に関する協定」を締結 宮城県富谷市の防災行政無線の放送内容をJ:COMの「防災情報サービス」で10月1日から配信開始 

(PR TIMES) 2017年04月18日(火)12時33分配信 PR TIMES

株式会社ジェイコムイースト 仙台キャベツ局(J:COM 仙台キャベツ、所在地:仙台市泉区、局長:田中 恒成)と、宮城県富谷市(市長:若生 裕俊)は、2017年10月1日(日)より富谷市が市民の皆さまに向けて配信する防災行政無線(広報無線)の放送内容をJ:COMの「防災情報サービス」の専用端末を通じて提供を開始するにあたり、4月17日に「防災行政無線放送内容の再送信に関する協定」を締結しました。
[画像: https://prtimes.jp/i/7676/337/resize/d7676-337-306866-1.jpg ]

本サービスの開始により、富谷市にお住まいでJ:COM の「防災情報サービス」に加入されているご家庭では、集合住宅や気密性の高い住宅でも防災行政情報を明瞭に聞くことができるようになります。

本サービスは、気象庁が発報する緊急地震速報と、自治体が配信する防災行政無線(広報無線)の放送内容をJ:COM の専用端末を介して提供するものです。また、この端末にはFM ラジオが搭載されており、災害時には持ち出してFM ラジオを受信することもできます。

なお、J:COMグループでは2017年4月1日現在、全国50自治体で「防災情報サービス」を提供しており、宮城県内での本サービス提供は、富谷市が初めてとなります。

J:COM 仙台キャベツは今後も、地域の安全・安心なまちづくりにさらに貢献してまいります。

◆富谷市における「防災情報サービス」 概要
【内容】・専用の端末を利用してアナウンスと警報ランプで、気象庁から発信される地震情報をお届けします。
    ・富谷市が防災行政無線により発信する告知放送も配信します。
【開始時期】 2017年10月1日(日)
【月額料金】・J:COM TV、J:COM NET、J:COM PHONEのいずれかのサービス加入者は月額300円(税別)
    ・上記サービス未加入者は月額500円(税別)
【対象エリア】宮城県富谷市内のJ:COMエリア
※ 専用端末の設置には別途工事費が必要です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る