• トップ
  • リリース
  • 日本人シェフ34年ぶりの世界一に!!「第52回 <ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール インターナショナル(パリ)」『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』関谷健一朗が優勝!!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社フォーシーズ

日本人シェフ34年ぶりの世界一に!!「第52回 <ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール インターナショナル(パリ)」『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』関谷健一朗が優勝!!

(PR TIMES) 2018年11月22日(木)09時40分配信 PR TIMES

株式会社フォーシーズ(東京都港区南青山 社長:淺野 幸子)が運営する、 “ジョエル・ロブション“が提案するカウンタースタイルのレストラン「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」にてシェフを務める関谷健一朗(せきや けんいちろう)が、2018年11月19日(月)にフランスにて行われた「第52回 <ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール インターナショナル(パリ)」にて、日本人として34年ぶり、史上2人目となる優勝を果たしました。
■第52回 <ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール インターナショナル(パリ)

[画像1: https://prtimes.jp/i/2646/334/resize/d2646-334-339567-0.jpg ]


 「第52回 <ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール インターナショナル(パリ)」は、世界的なシャンパーニュメゾン「テタンジェ社」が1967年に創設し、今年で52年の歴史を持つ由緒あるフランス料理の国際的な料理コンクールです。 フランス料理界の明日を担う39歳以下のシェフの登竜門といわれる本コンクールは、6ヵ国で行われた予選大会を勝ち抜いた優勝者が本戦である同大会に進み、関谷健一朗は世界一の栄誉に輝きました。本コンクールは、2週間前に受け取る一般テーマと、大会前日に法廷執行官立ち会いのもと、くじで決定される課題ルセットをコンクール当日に5時間で完成させるという難易度の高いものでした。
 これまでの受賞者の中には1970年のジョエル・ロブション氏など、類まれなるシェフらが名を連ねている、この国際コンクールにおいて関谷健一朗は日本人として34年ぶり、史上2人目となる優勝を果たしました。

■ 関谷健一朗受賞コメント
 かつてジョエル・ロブション氏も優勝した歴史と権威のあるコンクールで良い成績をおさめることが出来て、大変光栄に思っております。また、今日まで私を技術的に、また精神的にも成長させ、支えてくださった皆様への感謝の気持ちでいっぱいです。
 この経験を生かし、今後も全てのお客様にご満足頂けるような料理を創り出して行きたいと思っております。

関谷 健一朗 プロフィール

[画像2: https://prtimes.jp/i/2646/334/resize/d2646-334-721117-1.png ]


1979年千葉県生まれ。専門学校卒業後、ホテルでの経験を経て、2002年に渡仏。
2006年よりパリにあるラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションに勤務。弱冠26歳の若さでロブション氏の推挙によりスーシェフに抜擢される。
2010年より東京・六本木のラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションのシェフに就任。

「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」について

[画像3: https://prtimes.jp/i/2646/334/resize/d2646-334-919230-2.png ]


2003 年に「ラトリエ ドゥ ジョエル ロブション」の第 1 号店として世界に先駆けて、東京・六本木ヒルズにオープン。” ジョエル・ロブシ ョン”が提案するカウンタースタイルのフレンチレストラン。オープンキッチンで料理を仕上げるシェフを目の前に供される料理を ロングカウンターで楽しめる。
URL : https://www.robuchon.jp/latelier
所在地: 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド 2F



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る