• トップ
  • リリース
  • アデコグループ、Great Place to Work(R)の2016「グローバル企業における『働きがいのある会社』」リストで7位を獲得

プレスリリース

アデコグループ、Great Place to Work(R)の2016「グローバル企業における『働きがいのある会社』」リストで7位を獲得

(PR TIMES) 2016年10月31日(月)13時51分配信 PR TIMES

-「働きがいのある」グローバル企業のトップ25社のひとつに選出 -


世界最大(*1)の人材サービス企業であるアデコグループ(本社:スイス・チューリッヒ、CEO:アラン・ドゥアズ)は、この度、Great Place to Work(R)の2016「グローバル企業における『働きがいのある会社』」(「World’s Best Multinational Workplaces」)リストで7位を獲得しました。

Great Place to Work(R)は米国のリサーチ、コンサルティングおよびトレーニング専門の独立機関で、世界中の6千以上の多国籍企業の中から毎年もっとも働きがいのある企業を選出しています。企業がその候補となるためには、5カ国国以上で「もっとも働きがいのある会社」リストに掲載され、5千人以上の従業員を擁し、その40パーセント以上が国外を基盤として働いていることが条件となっています。アデコグループは、ベルギー、カナダ、デンマーク、ドイツ、イタリア、ルクセンブルク、ノルウェー、スペイン、スウェーデン、スイス、オランダ、英国で「もっとも働きがいのある会社」リストに掲載された結果、2016「グローバル企業における『働きがいのある会社』」リストの候補となる資格を獲得しました。アデコグループはヨーロッパにおける2016「働きがいのある会社」リストでも5位にランクインしました。

才能ある人材のモチベーションを高め、従業員と企業がともに成長できるようにすることは、アデコグループの戦略における優先事項のひとつです。世界各地のアデコグループのリーダーたちは、同社が顧客企業や求職者に最高の体験を提供することに常に注力できるよう、すべての従業員にとって働きがいのある職場を作ることに取り組んでいます。有能な人材を引きつけ、長く働いてもらうことは、企業に対する愛着心があってこそ可能であり、結果として顧客の満足度や生産性の向上につながります。

アデコグループのCHROであるシャンティ・フリンは、次のように話しています。「『グローバル企業における “働きがいのある会社”』ランキングにランクインでき、非常に嬉しく思います。当社が選ばれたことは、信頼に満ちた形式ばらない組織の風土や、チームの団結心を重視するアデコグループの社風が、当社の従業員に評価されていることを示しています。われわれが従業員の貢献を高く評価していることが、グループ全体で共有されています。個人やチームが成長を続け、仕事を通して他社の人生に貢献できることを今まで以上に誇りに思えるようにしてまいります」

「グローバル企業における『働きがいのある会社』」についての詳細は、Great Place to Work(R)のウェブサイト(https://www.greatplacetowork.com/)および米Fortune誌のウェブサイト(http://fortune.com/)でご覧いただけます。

(*1) : Staffing Industry Analysts 2016、人材サービス企業売上ランキングより

###

■アデコグループについて
アデコグループは、スイス・チューリッヒに本拠地を構える世界最大の人材サービス会社です。フルタイム換算で3万3千人の従業員を擁し、世界60以上の国や地域に、5,100以上の拠点を有し、登録就業者数は約70万人に上ります。アデコグループでは、人材派遣、人材紹介、アウトソーシング、コンサルティングなど幅広いサービスを提供しております。また、フォーチュン・グローバル500社にランクインしています。Adecco Group AGは、スイスで法人登記(ISIN: CH0012138605)しており、スイス証券取引所に上場しています(ADEN)。

■「グローバル企業における『働きがいのある会社』」リスト について
Great Place to Work(R)は、2011年以来、働きがいのある職場を作っている多国籍のトップ企業を認定し、「グローバル企業における『働きがいのある会社』」リストとして公表しています。候補になるためには、同社の多国籍企業の定義に合致した上、同社の行うTrust Index(C)従業員調査や、 Culture Audit(C)アセスメントの結果を基にした、各国の「働きがいのある会社」リストに5カ国以上でランクインしていなくてはなりません(米国でこの資格を得るためには、Fortune誌の「100 Best Companies to Work For(R)」リストに掲載される必要があります)。これらの結果に、調査された従業員が在籍している国の数や、この調査がその企業のグローバルにおける職場のどの程度の割合を反映しているかなどで追加ポイントが加えられ、それらが総合的に評価されてトップ25社が決定されます。

リストの候補となる企業は、全世界で5千人以上の従業員を擁した上、その人員(あるいは5千人)の40パーセント以上が、本社所在国以外で勤務している必要があります。2016「グローバル企業における『働きがいのある会社』」リストの候補となった企業は、以下のリストに掲載されていました:アジア版2016「働きがいのある会社」リスト、ラテンアメリカ版2016「働きがいのある会社」リスト、ヨーロッパ版2016「働きがいのある会社」リスト、カナダ版2016「働きがいのある会社」リスト、ナイジェリア版2016「働きがいのある会社」リスト、ブラジル版2016「働きがいのある会社」リスト、米国版2016「働きがいのある会社」リスト

■Great Place to Work(R)について
Great Place to Work(R)は、「高い信頼関係に基づき、個々の実力を発揮できる職場環境」を推進する世界的権威です。独自のアセスメントツール、アドバイザリー・サービス、そして「働きがいのある会社」リストや職場環境の調査などの認定プログラムを通じて、Great Place to Work(R)は、優れた職場環境の創生、維持、認定に必要な基準、フレームワーク、専門知識を提供しています。米国では、Great Place to Work(R)は毎年、Fortune誌の「100 Best Companies to Work For(R)」や、一連の「働きがいのある会社」リストを発表しています。これらのリストには、ミレニアル、女性、ダイバーシティ、中小企業などのカテゴリーや、業界別のリストなどがあります。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る