• トップ
  • リリース
  • アディダス史上初となる3Dテクノロジー搭載シューズ、ついに発売/12月16日(金)より東京にて50足限定販売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

アディダス ジャパン株式会社

アディダス史上初となる3Dテクノロジー搭載シューズ、ついに発売/12月16日(金)より東京にて50足限定販売

(PR TIMES) 2016年12月13日(火)10時58分配信 PR TIMES

-アディダスの3Dテクノロジーを駆使したシューズが初めて購入可能に -
- この夏、リオでのアスリートの活躍を祝して一部のアスリートのみに贈呈したというシューズ -
- ロンドン、ニューヨーク、東京の3つの主要マーケットにて日本時間12月16日(金)に発売予定 -
- 東京における販売情報は、Instagramアカウント @adidastokyo にて本日12月13日より随時発信 -
https://instagram.com/adidastokyo/
アディダスは日本時間12月13日(火)、「3D Runner(スリーディー ランナー)」の限定販売の告知を行い、当社で初めて3Dテクノロジーを搭載したシューズの購入が可能になったことを発表しました。同シューズは、日本時間の12月16日(金)、ロンドン、ニューヨーク、東京の3都市のみで数量限定にて発売されます。なお、東京では50足限定販売となり、販売情報については、アディダス ジャパンのInstagramアカウント@adidastokyoにて、本日より発売日までの期間中、随時関連情報を発信していく予定です。

[画像1: http://prtimes.jp/i/3301/333/resize/d3301-333-235688-3.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/3301/333/resize/d3301-333-392992-0.jpg ]


このランニングシューズは、力の強い領域には高密度ゾーンを、力の弱い領域には低密度ゾーンを配置しており、最適なレベルのパフォーマンスを可能にするために設計された、3Dウェブ構造を特徴としています。また、3D Runnerは、通常の接着やステッチングのプロセスではなく、ミッドソールに組み込まれた3Dプリントヒールカウンターを特徴としています。加えて、黒のPRIMEKNITアッパーは、高パフォーマンスかつスタイリッシュな3D Runnerを表現しています。

3D Runnerは、8月にリオにて、チームGBの7種競技 ジェシカ・エニス = ヒル、米国の競泳選手アリソン・シュミット、そしてコロンビアのBMX選手 マリアナ・パジョンのような選ばれたトップアスリートに対して、アディダスが彼らの素晴らしいパフォーマンスを祝福して贈呈した際に初お披露目となったシューズです。



3D Runner商品概要


・商品名: 3D Runner
・販売日: 2016年12月16日(金) ※日本時間
・販売数: 限定50足
・価 格: 33,300円 + 税
・カラー: ブラック
・販売情報について:
  本日12月13日(火)以降、発売直前までの期間中、アディダス ジャパンのInstagramアカウント
  @adidastokyo (https://instagram.com/adidastokyo/) にて、随時情報を発信していく予定。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る