• トップ
  • リリース
  • 〈報道関係のみなさま〉鈴木明子さんが小学生とスケート交流

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社朝日新聞社

〈報道関係のみなさま〉鈴木明子さんが小学生とスケート交流

(PR TIMES) 2017年02月24日(金)19時33分配信 PR TIMES

小学校の体育館にスケートリンクがやってきた!vol.5

フィギュアスケーターが全国の小学校を訪れる出張体験型授業「スケートキャラバン」(朝日新聞社主催、木下グループ特別協賛)の第5回が24日、熊本県八代市立郡築(ぐんちく)小学校であり、元女子シングル日本代表で、プロフィギュアスケーターの鈴木明子さんが講師を務めました。

[画像: https://prtimes.jp/i/9214/332/resize/d9214-332-185861-0.jpg ]

鈴木さんは約200人の全校児童を前に、6歳でスケートを始めてから29歳で引退するまでのあゆみを、2回の五輪出場の経験をまじえながら話し、「どんなことにも道筋がある。はげまし合ってあげることで夢に向かって頑張ることができる」と呼びかけました。

お話に続いて、体育館内に仮設された樹脂製のリンクで5、6年生計約70人といっしょにスケート体験をしました。中には転んでしまう児童もいましたが、鈴木さんといっしょに元気よく滑っていました。

参加した児童からは「何回もこけたけど、楽しかった」「失敗しても、すぐに自分で立ち上がることが大切だ、という言葉が心に残った」「あきらめないこと、やり続けることが大切だと思った」という声が聞かれました。

体験の後、鈴木さんと児童たちはいっしょに給食を楽しみました。
   



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る