プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

アサヒビール株式会社

夏限定!爽やかワイン新発売♪

(PR TIMES) 2018年06月05日(火)15時01分配信 PR TIMES

日本の暑い夏にピッタリな夏季限定発売ワイン、本年は3アイテムを展開


アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、夏季限定ワイン3アイテムを発売します。2013年より発売しているイタリア/カルタン社の「エスティヴォ・コロラート」「エスティヴォ・パリード」に加えて、本年はポルトガル/アヴェレーダ社の「アヴェレーダ・ローレイロ」を新発売します。いずれも2018年6月12日(火)から8月末までの期間、全国で発売します。
[画像: https://prtimes.jp/i/16166/331/resize/d16166-331-148749-0.jpg ]



アヴェレーダ社は、ポルトガルのミーニョ地区に、1870年に創立された歴史あるワイナリーで、主力ブランドは世界売上No.1のヴィーニョ・ヴェルデ「カザル・ガルシア」※です。

「アヴェレーダ・ローレイロ」は、日本の暑い夏にあわせて、日本向けにアレンジした夏季限定ワインです。ポルトガルで発売される「アヴェレーダ・ローレイロ」より残糖分を少なくすることで、やや辛口ですっきりとした味わいに仕上げました。ヴィーニョ・ヴェルデで使用される主要ぶどう品種である“ローレイロ”を100%使用した、花や柑橘系のフルーツのような華やかな香りと軽快な味わいが特長です。“ローレイロ”は月桂樹(ローレル)のような香りを持つことからその名がついたと言われています。

「エスティヴォ」は、イタリア最北部で南アルプスの麓にあるアルト・アディジェ地方でつくられる爽やかでフレッシュな味わいのワインです。日本の暑い夏にあわせて、アサヒビールとカルタン社が共同開発したオリジナルワインで、2013年より夏季限定商品として発売しています。

「エスティヴォ・コロラート」は、華やかな香りとフルーティーな果実味が特長の赤ワインです。イタリア独自のぶどう品種で、ストロベリーのような風味の“スキアーヴァ”と、果実味をしっかり感じられる“ラグライン”、華やかなアロマが特長の“モスカート・ローザ”をブレンドしています。ネーミングは“カラフルな夏”という意味です
「エスティヴォ・パリード」は、グレープフルーツや西洋ナシのような香りとフレッシュで爽やかな味わいが特長の辛口白ワインです。爽やかな味わいの“ソーヴィニヨン・ブラン”と“ピノ・ビアンコ”に、イタリア独自のぶどう品種“モスカート・ジャッロ”を加え華やかさをプラスしています。ネーミングは“淡い夏”という意味です。

3アイテム共軽やかな味わいのため、暑い夏にキリッと冷やして飲むスタイルを訴求します。

※)ヴィーニョ・ヴェルデとは、ポルトガル北西部でつくられる伝統的な微発泡性ワインです。アルコール度数が一般的なワインに比べて低めで、爽やかな口当たりでフルーティーな味わいのワインとして知られています。
「カザル・ガルシア」はヴィーニョ・ヴェルデ地域生産者委員会統計による2016年全世界での販売量がNo.1です。2018年1月30日より、日本での販売はアサヒビールが行っています。
※その他画像はコチラ
http://www.asahibeer.co.jp/news/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る