• トップ
  • リリース
  • 就活戦線「短期決戦になると思う」が7割超え 3月スタートに向け準備進む キャリタス就活2018 学生モニター調査(2017年2月)

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

就活戦線「短期決戦になると思う」が7割超え 3月スタートに向け準備進む キャリタス就活2018 学生モニター調査(2017年2月)

(PR TIMES) 2017年02月14日(火)16時33分配信 PR TIMES


株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2018年3月卒業予定の全国の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に、2月1日時点の就職意識に関する調査を行いました。(調査時期:2017年2月1日〜6日、回答数:1,272人)

 ≪主な内容≫

1.就活解禁1カ月前の不安
○「内定をもらえるか」73.5%、「志望度の高い企業に内定をもらえるか」68.3%
○就職戦線は「短期決戦になると思う」が7割(75.9%)を超える

2.エントリーを決めている企業
○「エントリーを決めている企業がある」90.4%。1カ月で5.2ポイント増加
○エントリー社数は平均12.4社。前年調査(13.8社)より1.4社減少

3.現時点の志望業界
○志望業界が「明確に決まっている」32.1%、「なんとなく決まっている」51.8%
○志望業界1位「銀行」、2位「水産・食品」、3位「素材・化学」

4.内定率は4.2%
○「選考中の企業がある」26.7%。前年(22.6%)より速いペースで進行中
○「内定を得た」4.2%。前年同期(2.4%)を1.8ポイント上回る
 内定者の6割強(64.8%)はインターン参加企業から内定を取得

5.Uターン就職の希望状況
○Uターン就職希望者は3割(30.0%)。前年(30.9%)より微減
○Uターン就職をしたい理由のトップは「出身地・地元が好き/暮らしやすい」(64.7%)

詳細はこちらhttp://www.disc.co.jp/uploads/2017/02/20170214gakuseityousa2018.pdf

▼調査概要
調査対象 : 2018年3月に卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)
回答者数 : 1,272人(文系男子448人、文系女子367人、理系男子303人、理系女子154人)
調査方法 : インターネット調査法
調査期間 : 2017年2月1日〜6日
サンプリング : キャリタス就活2018学生モニター

本資料に関するお問い合わせ先 : 03-4316-5505/株式会社ディスコ キャリタスリサーチ


図表1 2018年度の就職戦線の見方

[画像1: https://prtimes.jp/i/3965/329/resize/d3965-329-182096-0.jpg ]


図表2 エントリーを決めている企業

[画像2: https://prtimes.jp/i/3965/329/resize/d3965-329-938921-1.jpg ]


図表3 現時点の志望業界

[画像3: https://prtimes.jp/i/3965/329/resize/d3965-329-338310-2.jpg ]


図表4 2月1日現在の選考中企業の有無

[画像4: https://prtimes.jp/i/3965/329/resize/d3965-329-238314-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/3965/329/resize/d3965-329-170615-4.jpg ]


図表5 Uターン就職の希望状況

[画像6: https://prtimes.jp/i/3965/329/resize/d3965-329-528115-5.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る