プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

コンデナスト・ジャパン

最新号『WIRED』VOL.26(12/10発売)特集:「ワイアードTV」

(PR TIMES) 2016年12月05日(月)11時20分配信 PR TIMES

映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。


[画像1: http://prtimes.jp/i/930/324/resize/d930-324-765821-0.jpg ]
世界が最も信頼するイノヴェイションメディア『WIRED(ワイアード)』日本版は、12月10日(土)に、雑誌『WIRED』VOL.26を発売します。特集タイトルは、「ワイアードTV」。VR、MR(Mixed Reality)の一般化。SVOD(定額制動画配信)の普及。増殖し続けるオンライン動画。多様化するデヴァイス… 
映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

http://wired.jp/magazine/vol_26/

12月10日発売の『WIRED』VOL.26は、新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。ビヨンセやU2、ロイヤル・オペラハウスなどを手がけるステージデザイナー、エス・デヴリンをはじめ、VRカメラを報道に持ちこみ「360°ニュースネットワーク」を目指すRYOT、独房監禁VRコンテンツをリリースした英国名門新聞『The Guardian』、世界初のVRテーマパークVOID、「スター・ウォーズ」のMRコンテンツを手がけるMagic Leap & ILMxLABなど、新しい映像の時代の、新しいストーリーテリングのかたちを読み解く総力特集。

第2特集は「SWISS MADE INNOVATION」独自の文化を世界に発信し続けるスイス。音響アーティスト、3つのスタートアップ、強化義体世界大会サイバスロンを現地に赴き取材した。あらゆる分野でイノヴェイションを生むスイスの秘密を紐解く。

そのほかにも、まもなく任期終了となる米国大統領バラク・オバマとMITメディアラボ所長、伊藤穰一の対談「LAST MESSAGE FROM THE WHITE HOUSE」、 10月に開催されたWIRED CONFERENCE 2016「FUTURE DAYS」レポートを掲載!
[画像2: http://prtimes.jp/i/930/324/resize/d930-324-596302-1.jpg ]


第1特集「ワイアードTV」
◇RYOT:報道VRは「共感マシン」か。「没入型ポルノ」か
「世界最大の360°ニュースネットワーク」を目指すRYOT。VRを使った未来のニュースは、世界を救う「共感マシン」になれる。のか?

◇トランプの国のジョナ・ノーラン 
『ダークナイト』『インターステラー』から「パーソン・オブ・インタレスト」「ウエストワールド」まで。ジョナサン・ノーランが生み出す「トランプの時代」の新しいナラティヴとは? 池田純一が迫る。

◇Netflix/Amazon:一括発注か集合知か。「物語」をめぐる巨人の攻防
Netflix/Amazon。この2大プラットフォームの存在によって、ドラマの話法が大きく変わり始めている。

◇Es Devlin:そのとき、そこで、みんなが、物語の一部になる
英国の演劇界に燦然と輝く舞台デザイナー、エス・デヴリン。ビヨンセからU2、ロイヤル・オペラハウスまで、その作品にどれだけの人々が心打たれたことだろう。“感情の建築家”が語る、ストーリーテリングの本質。

◇Magic Leap+ILMxLab: R2-D2が、たしかに家にいる

MRを手がけるMagic Leapと、ILMxLabが共同制作中の「スター・ウォーズ」の新コンテンツ。現実世界とヴァーチャル世界をマージするMR技術によって、ぼくらの日常生活が、新たなストーリーテリングの場になろうとしている。


[画像3: http://prtimes.jp/i/930/324/resize/d930-324-433009-2.jpg ]



第2特集「SWISS MADE INNOVATION」
◇電動外骨格レース・世界2位のIHMC Robotics密着レポート
2016年にスイスで初開催された強化義体世界一を決める大会、サイバスロン。米国のチーム、IHMC Roboticsの取材を通じて、障害者と健常者の間にある「壁」の行方を追う。


OTHER
◇バラク・オバマが伊藤穰一に語った未来への希望と
懸念すべきいくつかのこと
デジタルテクノロジーが社会を覆いつくすとき、それらが引き起こす社会的、経済的、倫理的な困難に、アメリカは、世界は、いったいどう立ち向かうべきなのか。トランプ大統領誕生直前、バラク・オバマがホワイトハウスから問いかける最後のメッセージ。 ……and more!


本プレスリリースは次のリンクよりダウンロードいただけます。
http://prtimes.jp/a/?f=d930-20161205-5815.pdf

『WIRED』日本版公式SNSアカウント
Twitter(https://twitter.com/wired_jp) Facebook:https://www.facebook.com/WIRED.jp

LINE:https://line.me/R/ti/p/%40wired.jp   Google+:https://plus.google.com/+WIREDjp 

■WIRED(ワイアード)
1993年に米国で創刊し、現在5カ国で展開する、世界で最も影響力のあるテクノロジーメディア『WIRED』の日本版として、2011年6月にウェブサイトと雑誌を同時スタート。テクノロジーの進化を通して、カルチャーから、サイエンス、ビジネス、医療、エンターテインメントまで、社会のあらゆる事象を、読み応えのあるテキスト、美しいデザインとビジュアルでレポート。テクノロジーが時代をどう変え、時代がテクノロジーに何を望むかを考えることで、来るべき世界の未来像を探る総合メディア



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る