• トップ
  • リリース
  • BSIジャパン、脆弱性診断トレーニングコーススタート!セキュリティ診断の内製化を支援

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

BSIグループジャパン株式会社

BSIジャパン、脆弱性診断トレーニングコーススタート!セキュリティ診断の内製化を支援

(PR TIMES) 2017年02月09日(木)15時26分配信 PR TIMES


[画像1: https://prtimes.jp/i/1823/323/resize/d1823-323-127527-1.jpg ]

BSI グループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 五十嵐 泰文、以下BSI ジャパン)は、セキュリティ診断の内製化を支援する脆弱性診断のトレーニングコースをスタートいたします。

脆弱性診断は、対象となるシステムに存在するセキュリティホール(弱点、脆弱性)を発見・検出することで対策の実施を促すことを狙いとしています。脆弱性診断の結果に基づいてセキュリティホールを塞ぐことにより、侵入、改ざん、情報漏えいなどのインシデントによる被害を未然に防ぐことができます。独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(東京都新宿区 代表取締役 内山悟志、以下ITR)が2016年6月に発表した「脆弱性診断市場規模推移および予測」によれば、同市場の2015年度の売上金額は11億円とまだ小さいものの、前年度比19.6%増の伸びを示しています。ITRでは、サイバー攻撃の増加が背景にあると分析しており、被害を未然に防ぐため、情報資産の現状を適切に把握し、内在する脆弱性に対処することの重要性への認知が拡大しつつあるとし、同市場は2016年度も同20.9%増と引き続き高い伸びを見込んでいます。

新たに立ち上げるトレーニングコースは、自社で脆弱性診断に取り組めるようになることを目的としています。コースは、Webアプリケーションの脆弱性診断に取り組むために必要な攻撃技術の知識、診断技術や脆弱性判定の基準などを身につけるものと、ネットワーク脆弱性診断に取り組むために必要な知識、診断技術、リスクの算出方法などを身につけるもの2種類です。いずれも脆弱性診断の技術を身につけたいが、何から始めて良いかわからないといった悩みを持っている企業や組織を対象としています。

BSIジャパンは、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証実績No.1*の認証機関として、セキュリティ分野において審査、及びトレーニングコースなど様々な情報・サービスの提供により、お客様のビジネスに貢献してまいります。
* 出典:公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)マネジメントシステム認証組織件数(2016年9月末現在)


■トレーニングコース概要
●セミナー名:自社で取り組む Webアプリケーション脆弱性診断
日程:5月15日(月)〜16日(火)、7月6日(木)〜7日(金)
受講料:200,000円(税抜)
会 場:BSIジャパン東京本社(BSI Training Academy)東京都港区北青山2-12-28 青山ビル3F
詳細・申込: https://www.bsigroup.com/ja-JP/ISO27001/ISO27001-training/WebApp-Vulnerability/

●セミナー名:自社で取り組む ネットワーク脆弱性診断
日程:5月17日(水)〜18日(木)、7月12日(水)〜13日(木)
受講料:200,000円(税抜)
会 場:BSIジャパン東京本社(BSI Training Academy)東京都港区北青山2-12-28 青山ビル3F
詳細・申込:https://www.bsigroup.com/ja-JP/ISO27001/ISO27001-training/Network-Vulnerability/

[画像2: https://prtimes.jp/i/1823/323/resize/d1823-323-500038-0.jpg ]

講師:上野 宣(うえの せん)
株式会社トライコーダ 代表取締役
奈良先端科学技術大学院大学で情報セキュリティを専攻、eコマース開発ベンチャーで東証マザーズ上場などを経て、2006年に株式会社トライコーダを設立。
企業や官公庁などにサイバーセキュリティ教育や演習、脆弱性診断、ペネトレーションテストなどを提供。
情報セキュリティ専門誌『ScanNetSecurity』編集長、OWASP Japan Chapter リーダー、Hardening プロジェクト実行委員、JNSA ISOG-J WG1リーダー、SECCON 実行委員、セキュリティキャンプ講師主査、独立行政法人情報処理推進機構 セキュリティセンター研究員などを務める。
<主な著書>
「Webセキュリティ担当者のための脆弱性診断スタートガイド - 上野宣が教える情報漏えいを防ぐ技術」
「HTTPの教科書(日本語、簡体字、ハングル)」
「今夜わかるシリーズ(TCP/IP, HTTP, メール)」
「めんどうくさいWebセキュリティ」 他多数

BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパン株式会社について
BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、また、ISOの設立メンバーとして活動する規格策定のプロフェッショナルである。現在、150カ国で64,000組織以上のお客様の活動に貢献している。
BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO9001(品質マネジメントシステム)、ISO14001(環境マネジメントシステム)、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇る。
BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人である。
マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供している。
マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に約60社ある審査機関の中で、最も多くの規格の認証サービスを提供している審査機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする審査機関である。
URL:http://www.bsigroup.com/ja-JP/

■お問い合わせ先
BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会) マーケティング本部
東京都港区北青山2-12-28 青山ビル5階
TEL: 03-6890-1174 FAX: 03-6890-1181
Email:Japan.Marketing@bsigroup.com



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る