• トップ
  • リリース
  • 『KRASAVA(クラサバ)』FIFA Confederations Cup 2017公式試合球 FIFA Club World Cup Japan 2016公式試合球

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

アディダス ジャパン株式会社

『KRASAVA(クラサバ)』FIFA Confederations Cup 2017公式試合球 FIFA Club World Cup Japan 2016公式試合球

(PR TIMES) 2016年11月14日(月)09時41分配信 PR TIMES


国際サッカー連盟(FIFA)のオフィシャルパートナーであり、マルチスポーツブランドのアディダスは、2016年12月8日(木)から12月18日(日)にかけて、日本(神奈川/大阪)で行われる第13回目の、FIFA Club World Cup Japan 2016にて公式試合球として使用される『KRASAVA(クラサバ)』を、11月11日(金)に発表いたしました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/3301/321/resize/d3301-321-426418-0.jpg ]

日本国内では株式会社モルテンが12月2日(金)より販売開始
 『KRASAVA(クラサバ)』は、アディダス社(本社:ドイツ CEO:カスパー・ローステッド)とのライセンス契約に基づき、株式会社モルテン(本社:墨田区横川、代表取締役社長:民秋 清史)が国内販売します。12月2日(金)より全国のスポーツ店で順次 販売致します。

『KRASAVA(クラサバ)』のカラーリング・デザインについて
 KRASAVA(クラサバ)はコンフェデレーションズカップ開催国ロシアを象徴するロシアンルビーよりデザインインスピレーションを得ています。
KRASAVA(クラサバ)とは、とても美しいもの、それに対する究極の称賛の言葉を意味しています。創造性に富んだパフォーマンスに対するスポーツファンに普及した言葉です。


『KRASAVA(クラサバ)』のテクノロジーについて
 2016年主力モデル『ERREJOTA(エレホタ)』と同様に、 “6枚のパネル“で構成されています。同一のパネル形状で構成することにより、ボールバランス、飛行安定性が向上しています。2014年のFIFAワールドカップ公式試合球『brazuca(ブラズーカ)』の革新的で広く受け入れられたパネル形状に表皮構造に改善を加えることで、キック時やリバウンド時のグリップ力を強化しています。

[画像2: http://prtimes.jp/i/3301/321/resize/d3301-321-984423-1.jpg ]

*TB・・・サーマルボンディング

※FIFA quality pro:ボールの形状とサイズが試合中を通じて同じ状態を保つことを保証するため、丸さ、吸水性、跳ね返り、圧力低下等 7つのテストに合格しているもの。
※価格はモルテン社希望小売価格です。
※ミニのサイズは直径15cmです。
※No20~No23のサイズはフットサルの規定サイズとなります。


<一般のお客様からのお問い合わせ先>
アディダスグループお客様窓口 
Tel:0570-033-033 
営業時間:月〜金 9:30〜18:00
製品情報:
adidas ONLINE SHOP http://shop.adidas.jp
Football twitter 公式アカウント:@adidasFTB_jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る