プレスリリース

ヤマハ フロントサラウンドシステム 『YAS-109』

(PR TIMES) 2019年06月19日(水)14時40分配信 PR TIMES

築き上げた音を継承し、機能性のさらなる進化により使いやすさを追求

ヤマハ株式会社は、「クリアボイス」「DTS Virtual:X」の対応により映像の世界に深く没入でき、「Amazon Alexa」の音声コントロール、「Spotify」「Amazon Music」といった音楽配信サービスにも新たに対応したワンボディタイプのフロントサラウンドシステム『YAS-109』を、7月上旬より全国で発売いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10701/318/resize/d10701-318-773245-0.jpg ]



今回発売する『YAS-109』は、手軽に設置するだけでテレビ番組や映画などがより聴きやすく、迫力ある音で楽しめ、「Amazon Alexa」による音声コントロールや「Spotify」「Amazon Music」といった音楽配信サービスにも対応したワンボディタイプのフロントサラウンドシステムです。今回新たにネットワーク機能・音声操作用マイクを内蔵することにより、専用アプリ「Sound Bar Controller」での操作だけでなく、音声での本体操作にも対応しました。さらに、スマートフォンやネットワーク上(NAS等)にある音楽コンテンツもワイヤレスで再生することが可能です。また、人の声やナレーションの音声をより聴きやすくする「クリアボイス」をはじめ、バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」にも対応することで、前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場も再現することができます。映画や音楽への没入感をより一層高め、ワンランク上の音場体験を提供します。


<概要>


音声コントロール用マイクを内蔵、「Amazon Alexa」の音声アシスタント機能に対応
バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、高さ方向のバーチャル音場も再現
音楽配信サービス「Spotify」「Amazon Music」に対応し、専用アプリでの操作も可能
薄型ラウンドフォルムを採用した洗練されたデザイン、優れた設置性、操作性を実現


品名:
フロントサラウンドシステム

品番/色/価格/発売時期:
YAS-109/(B)ブラック/オープン価格/7月上旬
◎当初月産予定台数:合計38,000台


<主な特長>
1.音声コントロール用マイクを内蔵、「Amazon Alexa」の音声アシスタント機能に対応

[画像2: https://prtimes.jp/i/10701/318/resize/d10701-318-770305-1.jpg ]

本体に音声コントロール用のマイクを内蔵し、Amazonが提供するクラウドベースの音声アシスタントサービス 「Amazon Alexa」*1に対応しています。本体に話しかけるだけで 曲の再生/停止、音量調整などの基本操作が手軽に行えるほか、「Spotify」*2や「Amazon Music」*3などの音楽配信サービスと連携し、楽曲名やアーティスト名、ジャンルなどを指定して音楽を再生することも可能です。ほかにも、天気やニュース、交通情報などを聴いたり、アラームやタイマー機能を使うなど、本機を通して、Alexaの様々なサービスや機能を利用することができます。
*1 「Amazon Alexa」の利用には、専用アプリ「Sound Bar Controller」のインストールとAmazonアカウントへの登録が必要です。
*2 「Spotify Connect」の利用には、Spotifyアプリ(無料)のインストールとSpotifyアカウントへの登録が必要です。
*3 Amazon Musicの利用には、有料アカウントへの登録が必要です。

2.バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、高さ方向のバーチャル音場も再現
前方・左右・後方だけでなく、高さ方向の音までバーチャルで再現する3Dサラウンドモードを搭載することで、ワンバーながら、前後・左右の広がりだけでなく、上方向からも音に包まれるような広がりも再現でき、映像と音声の一体感に優れた音場が得られます。さらに、3Dサラウンドモードと5種類のサラウンドプログラム(映画/テレビ番組/音楽/スポーツ/ゲーム)の掛け合わせ再生にも対応し、コンテンツに合わせた最適な3D音場を再現して、映像・音楽の世界への没入感をさらに深めます。また、スリムなデザインの本体には、低・中・高域再生用に、7.5cmサブウーファー、5.5cmフルレンジ、2.5cmツイーターをそれぞれ2基ずつ搭載したうえ、実用最大出力計120W(非同時駆動)のパワーアンプを内蔵しています。ほかにも、映画やドラマのセリフ、ニュースやスポーツ中継のアナウンスなど、人の声を聴きやすくする「クリアボイス」をはじめ、不足しがちな低音を増強する「バスエクステンション」、外部サブウーファーを追加できる端子も搭載しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/10701/318/resize/d10701-318-937938-2.jpg ]


3.音楽配信サービス「Spotify」「Amazon Music」に対応し、専用アプリでの操作も可能
本機は有線での接続のほかに、無線LAN経由でネットワーク接続できるWi-Fi機能(2.4GHz帯)を内蔵することで、「Spotify」や「Amazon Music」などの音楽配信サービスを楽しむことができます。さらに、専用アプリ「Sound Bar Controller」をお手持ちのモバイル端末にインストールすれば、スマートフォンやネットワーク上(NAS等)にある音源もネットワーク経由で、スマートフォンのアプリ画面でブラウジングしながら手軽に再生することができます。また、本体の電源ON/OFF、音量調整、入力切替をはじめ、音楽配信サービスの選択、ステレオ・サラウンド・3Dサラウンドの切替え、5種類(映画/テレビ番組/音楽/スポーツ/ゲーム)のサラウンドモードや5.1chバーチャルサラウンドプログラムの切替えなども、画面を見ながらスマートに行えます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/10701/318/resize/d10701-318-308563-3.jpg ]


4.薄型ラウンドフォルムを採用した洗練されたデザイン、優れた設置性、操作性を実現
高さ53mm、スリムなワンボディの『YAS-109』は、スタンドが低い薄型テレビの前にも画面を遮ることなく手軽に設置することができます。さらに、本体デザインはベース部分を小さくスラント(傾斜)させ、両サイドを半円形にしたラウンドフォルムに加え、ファブリック素材を使用することで洗練されたデザインと高い質感を実現し、テレビやインテリア空間に美しく調和します。さらに、操作ボタンにはタッチセンサーを採用し、軽く触れるだけで電源や音量などの操作ができるうえ、チャイルドロック機能も搭載しているので、幼いお子様による誤操作なども防ぎ安心して使用できます。また、薄型のボディは壁掛けでもすっきりと設置でき、壁掛け設置時には内部センサーが自動で最適な音に切替えて、テレビ前置き設置時と変わらないサラウンドが楽しめます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/10701/318/resize/d10701-318-956046-4.jpg ]



<【製品情報】>
ヤマハ フロントサラウンドシステム 『YAS-109』
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/sound_bar/yas-109/index.html


<「DISCOVER TRUE SOUND」スペシャルサイト>
「音は、人生の味方になる」をコンセプトに、自分らしく頑張り続ける人々の心情をリアルに描写したストーリーを、ヤマハが長年培ってきた技術と感性、情熱を込めて作り上げたオーディオ機器とともに紹介しています。
https://jp.yamaha.com/products/contents/audio_visual/discover_truesound/index.html


ヤマハ サウンドバー 製品情報サイト
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/sound_bar/
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る