• トップ
  • リリース
  • アデコ、韓国の高度人材海外就職支援事業「K-Move」を日本で展開

プレスリリース

アデコ、韓国の高度人材海外就職支援事業「K-Move」を日本で展開

(PR TIMES) 2016年10月04日(火)11時40分配信 PR TIMES

- 韓国政府との協業により、企業の人材不足解消と国際競争力向上に貢献 -


世界最大(*1)の人材サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人材サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎、以下「アデコ」)は、この度、韓国政府とのパートナーシップにより、同政府主導による同国の高度人材の海外就職を支援する事業「K-Move」の日本における展開を開始しました。

<韓国の高度人材の採用支援サービス 「K-Move」>
http://www.adecco.co.jp/client/feature/vol3/service/

「K-Move」は韓国政府による国策事業です。顧客となる企業の戦略にもとづき、人材の募集から選抜、教育、就職後の人材のケアに至るまでワンストップで行いながら、韓国の優秀な人材を日本をはじめとする世界各国の企業に紹介することを目的としています。アデコは同国政府とのパートナーシップのもと、この事業を日本で展開することによって現在採用ニーズの高まっているIT業界、自動車業界、観光業界のみならず、高度人材を必要としているあらゆる業界の企業に人材を紹介します。

「K-Move」は韓国国外でのボランティアや留学の経験などを持つ、海外での就職に意欲的な人材を選抜し紹介するだけでなく、一人ひとりのキャリアに関する志向や能力を確認し、求人元企業のニーズに合わせた人材を紹介することでミスマッチを防ぎます。さらに就業後は、スカイプや面談で就業者の勤務状況を把握すると同時に、顧客企業と就業者の満足度調査を実施することで、定着率の向上を図ります。

昨今、日本をはじめアジア各国では人材不足が大きな課題となっています。その一方で、韓国は、高等教育を受けた大卒者の就職難という問題を抱えています。韓国政府は2006年より、若者の雇用問題を解決するため、若者の海外就職を支援する事業である「K-Move」に取り組んできており、海外における就職先の開拓と就業率の向上を目的として、アデコとのパートナーシップを締結しました。

アデコは人材サービスのグローバルリーダーとして、今後も国内外を問わず優秀な人材を顧客企業に紹介するとともに、グローバルに活躍する意欲を持った人材のキャリア形成を支援してまいります。

*1: Staffing Industry Analysts 2016、人材サービス企業売上ランキングより

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る