• トップ
  • リリース
  • 3月以降のプレミアムフライデー、月末の金曜日以外も対象日にすることを決定

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

3月以降のプレミアムフライデー、月末の金曜日以外も対象日にすることを決定

(PR TIMES) 2017年03月01日(水)17時28分配信 PR TIMES

初回プレミアムフライデーは対象者の半数以上が「早上がり」を実施、一方で多くの課題も見つかる

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、2017年2月24日(金)より開始した「プレミアムフライデー」を独自に応用し、2017年3月以降は月末金曜日の15時退社をベースとしながらも、繁忙期や飛び石連休などを考慮して運用することを決定しましたので、お知らせいたします。

また、プレミアムフライデー初回実施後に社員アンケートを行い、制度運用についての課題も確認できました。社員が本制度を利用しやすい環境を整えることを目指し、これらの課題についても継続的に検討を行ってまいります。
第2回プレミアムフライデーは3月24日に決定、独自の運用でワークライフバランス最適化を推進

[画像1: https://prtimes.jp/i/7357/315/resize/d7357-315-792450-0.jpg ]


SBTでは、「社員一人一人が豊かな人生を過ごすことができる」をテーマに、社員が心身の健康を保ち、仕事にやりがいを持つことで、社員一人一人が活き活きと活躍し、技術の力で新しい付加価値を創出することを目的に働き方改革を推進しています。長時間労働の是正や効率的で柔軟な働き方を支援する制度拡充を推進する中で、ワークライフバランス推進の一環として、2017年2月1日にプレミアムフライデーの導入と、2017年2月24日(金)の初回実施を決定しました。

その後、SBTのビジネスモデルや「有給休暇奨励日」など従来からの制度も考慮し、2017年3月および来年度のプレミアムフライデー運用方針を検討した結果、月末金曜日をベースとしながらも、月末金曜日以外にも15時退社日を設置することを決定しました。次回は、2017年3月24日(金)を15時退社日とします。来年度は、下記カレンダーのとおりに運用する計画です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/7357/315/resize/d7357-315-930807-1.jpg ]


第1回プレミアムフライデーの実施状況と今後の課題

SBTにおける2017年2月24日(金)の第1回プレミアムフライデーは、全社員の3割程度が15時台に退社し、5割程度が18時までに退社しました。組織別では、営業部門と管理部門の4割程度が15時台に退社しました。技術部門やサービス部門では、2割程度が15時台に退社しました。

また、対象者となる全社員にプレミアムフライデーに関するアンケート調査を行った結果、6割程度の社員が、自宅でゆっくり過ごす、食事・ショッピングにプレミアムフライデーを活用していました。(回答者数361名)
[画像3: https://prtimes.jp/i/7357/315/resize/d7357-315-432557-2.jpg ]


その一方で、「1か月前の告知だったため、既にお客様とアポイントがあった」といった初回ならではの課題や、「運用やサポート業務のため、お客様もプレミアムフライデーを導入していないと15時退社が難しい」「15時に退社後、社員やお客様からの問い合わせがあり業務対応が発生した」「プロジェクトマネージャーなので外部パートナーもプレミアムフライデーを導入していないと帰れない」など、業務内容や会社のステークホルダーが関係する課題について多くの意見が集まりました。

今回のアンケートで社員から集めたリクエストや課題について継続的に対応策を検討し、社員が使いやすい制度として改善や工夫を重ねるとともに、社員の働き方に関する意識改革や効率化・生産性向上に取り組んでいく予定です。

SBTでは、引き続き、従業員を含むSBTのステークホルダーに対して、価値のある働き方改革を推進してまいります。

※ 本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る