• トップ
  • リリース
  • 「OCNバーチャルコネクトサービス」に対応するファームウェアを公開

プレスリリース

「OCNバーチャルコネクトサービス」に対応するファームウェアを公開

(PR TIMES) 2019年06月10日(月)14時40分配信 PR TIMES

ヤマハルーター『RTX1210』 『RTX830』 に新たな機能を追加

ヤマハ株式会社では、ギガアクセスVPNルーター『RTX1210』 『RTX830』用のファームウェアとして、NTTコミュニケーションズ株式会社が提供する「OCNバーチャルコネクトサービス*1」に対応した最新版を2019年6月末に公開する予定です。
「OCNバーチャルコネクトサービス」は、NTTコミュニケーションズ株式会社が提供するインターネット接続の卸サービスです。IPoE*2に対応した「フレッツ 光ネクスト」(NTT東日本・NTT西日本提供)ならびに光コラボレーション回線を、事業者独自のブランドによるIPoE方式のインターネット接続サービスとしてエンドユーザーへ提供することができます。今回の最新版ファームウェアに更新することで、当社ルーター『RTX1210』 『RTX830』において、「OCNバーチャルコネクトサービス」に対応する*3ことができます。

*1:「OCNバーチャルコネクトサービス」の詳細は、以下のNTTコミュニケーションズ株式会社Webサイトをご参照ください。
https://www.ntt.com/business/services/network/internet-connect/ocn-business/option/v-access-ipoe.html
*2: IPoE(IP over Ethernet)= イーサネットを使ってIPパケットを伝送するインターネットの通信方式。
*3: ご契約のインターネット接続サービスにおける対応可否は、各プロバイダへご確認ください。


<「OCNバーチャルコネクトサービス」対応の概要>
「OCNバーチャルコネクトサービス」に対応するためには、ヤマハホームページから最新ファームウェアをダウンロードして対象製品に適用した後、「OCNバーチャルコネクトサービス」接続用の設定を追加することで利用可能になります。

対象機種:RTX1210, RTX830
ファームウェアリリース時期:2019年6月末 予定

○ルーターの対応ファームウェアについては、リリース後に以下からダウンロードしてください。
 http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/firmware/index.php
○設定方法の詳細については、対応ファームウェアリリース後に公開予定です。


ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている製品情報や問い合わせ先などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る