• トップ
  • リリース
  • 【導入事例】ジーベックテクノロジーのkintone利便性向上をファストSIで実現

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

【導入事例】ジーベックテクノロジーのkintone利便性向上をファストSIで実現

(PR TIMES) 2017年02月06日(月)16時16分配信 PR TIMES

ファストSIでkintoneをカスタマイズし、誰でも使いやすく業務変化にも対応しやすい仕組みを構築

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、株式会社ジーベックテクノロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:住吉 慶彦、以下ジーベックテクノロジー)へ、ファストSI定期開発コースとアドバイザリコースによりkintoneの利便性向上を支援しましたのでお知らせします。
kintoneカスタマイズやアプリ開発をファストSIで実現

[画像1: https://prtimes.jp/i/7357/311/resize/d7357-311-254325-0.jpg ]


従来型のシステム開発の場合、小規模なシステムだったとしても要件定義から何度も打ち合わせを重ね、完成が数カ月後になります。M-SOLではプログラミングなしに使うことが出来るサイボウズ株式会社のクラウドサービス「kintone」を活用し、短期間でシステムを開発する「ファストSI」を提供しています。また、kintoneを使っているため修正も容易で柔軟な対応が可能です。

ジーベックテクノロジーは「バリ取り・研磨」を自動化するための各種ブラシや砥石の開発・製造・販売を手掛けています。ジーベックテクノロジーでは、顧客・案件管理を中心にkintoneを活用していますが、検索の絞り込み機能などさらなる利便性改善が現場から求められるようになっていました。

M-SOLが提供するファストSIの「定期開発コース」は、要件が不明確だったり変化する場合に、全体像を共有し毎月の開発・リリースを反復しながら要件を詰めていく柔軟なコースです。「アドバイザリコース」では開発後のオプションとして、ファストSI開発サービス実施後のサポートを行っています。

M-SOLはこれら2つのコースにより、当初課題となっていた検索機能をはじめ、デモ機管理から送り状出力までの一連の仕組みなど、基本機能のカスタマイズから便利なアプリの開発まで、お客様に使いやすい仕組みを構築しました。

▼ 本事例の詳細はこちらをご覧ください。
https://m-sol.co.jp/service/kintone/contents/03/03.php

▼ ファストSIのコース一覧はこちらをご覧ください。
https://m-sol.co.jp/service/kintone/contents/02/03.php

■株式会社ジーベックテクノロジーについて
[画像2: https://prtimes.jp/i/7357/311/resize/d7357-311-542590-1.jpg ]


[表: https://prtimes.jp/data/corp/7357/table/311_1.jpg ]



■M-SOLUTIONS株式会社について

M-SOLUTIONS株式会社は、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボットアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。今後、ロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客様のビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る