プレスリリース

住友商事株式会社

イハラブラス社の株主割当増資引き受けの件

(PR TIMES) 2015年09月18日(金)10時58分配信 PR TIMES

日本曹達株式会社(本社:東京都千代田区 取締役社長:石井彰)、クミアイ化学工業株式会社(本社:東京都台東区 取締役社長:小池好智)、住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村邦晴)、三井化学アグロ株式会社(本社:東京都中央区 取締役社長:谷和功)、住友化学株式会社(本社:東京都中央区 取締役社長:十倉雅和)、三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区 取締役社長:小林 健)および日産化学工業株式会社(本社:東京都千代田区 取締役社長:木下小次郎)(上述社名はイハラブラス社への出資比率順)の7社(以下、「日系主要株主」)は、現在ブラジルの農薬販売会社であるイハラブラス社(正式名称:IHARABRAS S/A. INDSTRIAS QUMICAS、本社:サンパウロ州)の主要株主となっていますが、今般同社が予定している株主割当増資(約100百万米ドル)に関し、各社の出資比率に応じて増資を引き受けることといたしました。
イハラブラス社は、1965年に日系農薬メーカーのブラジル販売拠点として設立されて以来、近年も自社独自の販路の確立、市場の大きな作物(大豆、 とうもろこしなど)向けの販売拡大などにより、売上高を伸ばしてきています。今般、日系主要株主がイハラブラス社の増資を引き受けることにより、同社の財 務基盤は大幅に増強され、市場の大きな作物向けの農薬販売の拡大や、更なる商品ポートフォリオの拡充、高付加価値な新規剤の開発・導入などが促進され、ブ ラジル市場における一層のプレゼンスの発揮が期待できます。

ブラジルの農薬市場規模は、2014年には119億米ドルに達し、世界の農薬市場の21パーセントを超えています。広大な農地面積、豊富な水資源、安定し た気候により、今後も長期間にわたり高い成長が見込まれ、多様な作物に対し高い効果を発揮する商品を多く持つ日系農薬メーカーにとっても、魅力的な市場で あるといえます。

日系主要株主各社は、ブラジルにおける日系農薬メーカーの販社としてのイハラブラス社のプレゼンスと経験を活用し、各社の事業戦略の下、世界一の農薬市場規模を誇るブラジルにおけるビジネス基盤の強化・拡大を目指してまいります。

【イハラブラス社 会社概要】
代表 : Mr.Julio Borges Garcia
設立 : 1965年3月18日
社員数 : 640人(2015年3月末)
増資後の資本金 : 約623百万ブラジルレアル(約171百万米ドル)

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る