• トップ
  • リリース
  • ヤマハ ワイヤレスストリーミングスピーカー 『MusicCast 20(W)ホワイト』

プレスリリース

ヤマハ ワイヤレスストリーミングスピーカー 『MusicCast 20(W)ホワイト』

(PR TIMES) 2019年05月23日(木)04時40分配信 PR TIMES

MusicCast(R)対応ワイヤレススピーカーにホワイト色を追加 〜「音は、人生の味方になる。DISCOVER TRUE SOUND」、自分のスタイルに応えるスピーカー 〜

ヤマハ株式会社は、独自のワイヤレスネットワーク機能である「MusicCast(R)」(ミュージックキャスト)に対応したワイヤレスストリーミングスピーカー『MusicCast 20(W)ホワイト』(モデル名:WX-021)を6月上旬に発売します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10701/309/resize/d10701-309-696051-1.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/10701/309/resize/d10701-309-658257-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/10701/309/resize/d10701-309-354419-2.jpg ]


品名/モデル名/色/本体価格/発売時期:
ワイヤレスストリーミングスピーカー 『MusicCast 20』/WX-021/(W)ホワイト/オープン価格/6月上旬
◎年間販売予定台数(国内):1,000台

2018年8月に発売した『MusicCast 20』は、専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」をインストールしたスマートフォン、タブレットなどや当社製AV機器(AVレシーバー、サウンドバー、HiFiオーディオなどのMusicCast(R)対応機器)とホームオーディオネットワークを構築し、家庭内の好きな場所に置いて音楽を楽しめる「MusicCast(R)」対応のワイヤレスストリーミングスピーカーです。ブラック1色で展開してきましたが、設置する場所のインテリアや好みに合わせて2色から選べるように、今回カラーバリエーションとしてホワイトを追加発売します。なお、カラー以外の仕様につきましては、ブラック・ホワイトとも共通です。


<主な特長>


お手持ちのモバイル端末を使って、さまざまな音楽コンテンツを快適に再生
本格的なホームオーディオネットワークを構築できるMusicCast(R)に対応
2ウェイスピーカーと2個のパッシブラジエーターを内蔵し、サイズを超えた豊かなサウンドを実現
「Amazon Alexa」に対応し、快適な音声操作を実現


1.お手持ちのモバイル端末を使って、さまざまな音楽コンテンツを快適に再生
Wi-Fiネットワーク機能(5GHz帯/2.4GHz帯対応)を内蔵し、無料の専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」をインストールしたモバイル端末(スマートフォン、タブレットなど)とワイヤレス接続して、端末内の音楽コンテンツやネットワーク内にあるパソコン、NAS(ネットワークHDD)にストックした音楽ライブラリー、インターネットラジオが再生できます。また、IPサイマルラジオ配信サービス「radiko*1」やCD音質の音楽配信サービス「Deezer HiFi*2」にも対応し、音楽配信サービス「Spotify*3」のストリーミング聴取も「Spotify Connect」機能によって快適に楽しめます。さらに、iPhoneなどApple社製デバイスのためのAirPlay 2やWi-Fi環境なしでワイヤレス音楽再生を実現するBluetooth(R)オーディオ機能にも対応しています。

*1:radiko(無料のエリア内聴取)とradikoプレミアム(有料のエリアフリー聴取、プレミアム会員への登録が必要)に対応。利用には「MusicCast CONTROLLER」アプリが必要です。
*2:Deezer HiFiは月額制の有料サービスでアカウント登録が必要です。利用には「MusicCast CONTROLLER」アプリが必要です。
*3:SpotifyのFreeアカウント(無料、アカウント登録が必要)とPremiumアカウント(有料、アカウント登録が必要)に対応。

2.本格的なホームオーディオネットワークを構築できるMusicCast(R)に対応
独自のワイヤレスネットワーク機能「MusicCast(R)」に対応し、本機や他のヤマハ製AV機器(AVレシーバー、サウンドバー、HiFiオーディオなどのMusicCast(R)対応機器)を組み合わせて本格的なホームオーディオネットワークを構築できます。ネットワーク内にあるMusicCast(R)対応機器との間で相互に音楽コンテンツの受信・配信が行えるほか、複数台の本機をネットワーク内に組み入れて家中の好きな場所で音楽を楽しむことも可能。さらに、2台の本機を使って左右独立のステレオ再生を行うMusicCast Stereo機能、MusicCast(R)対応のAVレシーバーやサウンドバー*と組み合わせて本機をサラウンドスピーカーとして使うMusicCast Surround機能も選択できます。

*:対応モデル=2018年以降発売のMusicCast(R)対応AVレシーバーとMusicCast BAR 400(2019年5月22日現在)
[画像4: https://prtimes.jp/i/10701/309/resize/d10701-309-119770-4.jpg ]


3.2ウェイスピーカーと2個のパッシブラジエーターを内蔵し、サイズを超えた豊かなサウンドを実現

[画像5: https://prtimes.jp/i/10701/309/resize/d10701-309-374413-3.jpg ]

新開発の9cm口径アルミコーンウーファーと、3cmドームツィーターによるセパレート構成2ウェイスピーカー(モノラル)を、ヤマハ製DSPと総合最大出力40W(ウーファー用25W、ツィーター用15W)のパワーアンプによって駆動。さらに、ウーファーの低音を補強する新開発の大型パッシブラジエーター2個を組み合わせることで、横幅150mmのコンパクト設計でありながらサイズを超えた豊かなサウンドを実現しています。


4.「Amazon Alexa」に対応し、快適な音声操作を実現
Amazonが販売するスマートスピーカー「Amazon Echo」(アマゾン エコー)シリーズに対応し、「Amazon Echo」シリーズに搭載されたクラウドベースの音声サービス「Alexa」(アレクサ)を使用したMusicCast(R)対応機器の音声操作を実現しました。スピーカーごとの音声接続や電源のON/OFF、音量調整、選曲、入力ソースやプレイリストの選択など、MusicCast(R)対応機器のさまざまな操作を「Alexa」に話しかけるだけで行うことができます。

【MusicCast 20 その他の特長・機能】
●AIFF/WAV/FLAC 〜192kHz/24bit、Apple Lossless 〜96kHz/24bitフォーマット再生●圧縮音声をより豊かにするミュージックエンハンサー●指で触れるだけで快適に操作できるタッチセンサー式操作ボタン●よく聴く曲やストリーミングサービス、インターネットラジオ局などをワンタッチで呼び出せる3個のお気に入りボタン(MusicCast CONTROLLERアプリでは最大40種類まで登録可能)●アプリで設定した時刻に音楽やビープ音を鳴らせるアラーム機能●ACアダプター不要でコンセント周りがすっきりするインレット式電源コード●有線LAN接続のためのEthernet端子●ネットワークスタンバイオン時の待機時消費電力1.9W以下●電源の切り忘れを防ぐオートスタンバイも装備した省電力設計


<【製品情報】>
ヤマハ ワイヤレスストリーミングスピーカー 『MusicCast 20』
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/desktop_audio/musiccast_20/index.html


ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る