• トップ
  • リリース
  • 広島県福山市鞆町の町並み保存等を継承する取組に「KTCおおぞら高等学院」の生徒さんから,寄附金をいただきました!!

プレスリリース

広島県福山市鞆町の町並み保存等を継承する取組に「KTCおおぞら高等学院」の生徒さんから,寄附金をいただきました!!

(PR TIMES) 2019年06月18日(火)18時40分配信 PR TIMES

広島県と福山市が合同で寄附募集している『鞆・一口町方衆』応援プロジェクトに,学院祭の模擬店での売上げの一部を寄付

KTCおおぞら高等学院 福山キャンパス(広島県福山市三之丸町8-18アークビル1F)の生徒さんから,今年3月に実施した学院祭の模擬店での売上げの一部を寄附するため,令和元年6月14日(金)鞆の浦歴史民俗資料館で寄附金の受領式を行いました。
受領式が行われた14日は,生徒5名が参加し,広島県地域力創造課の桑原政策監に贈呈されました。生徒さんからは,地元のまちづくりのために役立ててもらいたい,地域づくりに役立てたいとの思いで寄附していただきました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13653/308/resize/d13653-308-530607-0.png ]


 現在,広島県と福山市では,広島県福山市鞆地区の住民が取組むまちづくりを支援し,歴史的な景観や町並みの保存と伝統文化を未来に継承するため,WEBサイト『「鞆・一口町方衆」応援プロジェクト』(※)で寄附を募集しております。寄附金は,鞆地区の伝統的工法による伝統的建造物の保存修理や伝統行事に使われる用具の修理・修繕,鞆地区に係る古文書,文献の調査などの費用に活用されます。この寄附募集の取組を通じて,支援に必要な財源を調達するだけでなく,多くの方に鞆ファンになってもらいたいと思います。

『「鞆・一口町方衆」応援プロジェクトはこちらから https://tomo-machikata.jp/
[画像2: https://prtimes.jp/i/13653/308/resize/d13653-308-333533-2.png ]



 ※「鞆・一口町方衆」応援プロジェクトとは,常夜灯,波止,雁木,焚場,船番所跡の江戸期の港湾施設五点がまとまって存在している国内で唯一の港。 潮待ちの港として繁栄を極めた頃の豪商の屋敷や江戸期からの地割による小さな町家が連なる景観を今に留めています。近世港町の伝統文化が現在も暮らしの中に息づくこの景観は,鞆に暮らす人々が脈々と受け継ぎ,大切に守り伝えてきました。鞆の歴史,文化・伝統を未来に繋ぐため応援するプロジェクトです。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る